最新の第6巻で累計発行部数が800万部に到達した『SPY×FAMILY』(遠藤達哉著)。Web発の漫画として異例のヒットとなったのは連載先である集英社の漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」の成長によるところも大きい。前編に続くこの記事では、少年ジャンプ+のビジネスモデルに迫る。

「少年ジャンプ+」の細野修平編集長(左)と『SPY×FAMILY』などの人気作を担当する編集の林士平氏(右)
「少年ジャンプ+」の細野修平編集長(左)と『SPY×FAMILY』などの人気作を担当する編集の林士平氏(右)

前編はこちら

 集英社では1968年創刊、翌69年に週刊化した「少年ジャンプ」を核に、「週刊ヤングジャンプ」「Vジャンプ」「ジャンプSQ.」など、対象読者層や作品内容を変えながら「ジャンプ」ブランドを展開してきた。2014年に配信を開始した「少年ジャンプ+」もその1つだ。

『SPY×FAMILY』などの人気作を生み出す漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」
『SPY×FAMILY』などの人気作を生み出す漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」

 「ジャンプブランドの中で少年ジャンプ+の位置付けは“紙に対するデジタル”。デジタルの世界から大ヒットするオリジナル作品を出すのが目標」と細野修平編集長は話す。

 出版業界の中でも、集英社のデジタルへの取り組みは早い。2012年に直営の電子書籍販売サービス「ジャンプBOOKストア!」を開始。米アマゾンが日本版のKindleストアをオープンしたよりも早い。

 同サービスの経験で「デジタルにも数多くの顧客がいるということが分かった」と細野編集長。そこから、漫画を中心に動画やゲームなどデジタルコンテンツを幅広く扱うアプリ「ジャンプLIVE」をスタート。これが少年ジャンプ+の前身となった。

2016年以降、オリジナル作品が人気に

 少年ジャンプ+の現在のダウンロード数は1700万超。収益の柱は、電子版「週刊少年ジャンプ」、電子版コミックス、1話単位で販売する「話配信」という3種のコンテンツの売り上げだ。「これ以外に広告収益もあるが、現状はさほど重視していない」(細野編集長)。

 少年ジャンプ+創刊当初、売り上げをけん引したのは電子版の週刊少年ジャンプだ。これが読めるのは少年ジャンプ+だけ。同誌の掲載作が話題になると、少年ジャンプ+へのアクセスも増えた。

電子版「週刊少年ジャンプ」が読めるという点は今でも「少年ジャンプ+」の強み
電子版「週刊少年ジャンプ」が読めるという点は今でも「少年ジャンプ+」の強み

 「最初のインパクトは『NARUTO-ナルト-』の最終回。掲載号の電子版購入を目的に訪れた新規読者が多かった」(細野編集長)。

 細野編集長によると、紙・デジタルを問わず、「人気作の場合、最終回が掲載されている号だけを買う読者がとても多い」。連載を毎号読んでいなくても、SNSなどで話題になっているのを見て読んでみようと思う人、記念に買っておこうと思う人が多いからだという。このため、出版社も人気作の最終回が掲載される号は発行部数を増やして対応することもある。

 ただ、「重版するにしても、紙の場合は市場に出るまで時間がかかる。その点、電子書籍なら店頭から姿を消した号もすぐに買える。『鬼滅の刃』の最終回を掲載した号も電子版は非常によく売れた」(細野編集長)。

 このように電子版週刊少年ジャンプをエンジンに読者数を増やしてきた少年ジャンプ+だが、16年ごろからその状況に変化が見え始める。電子版コミックスや話配信の売り上げが伸びてきたのだ。

 「少年ジャンプ+の読者を増やすためにテレビCMを打ったり、いくつもの細かな施策を行ったりした。でも、結果的に一番効果が高かったのは面白い作品が掲載されること」(細野編集長)。16年は「新連載春の陣」として4~5月の短期間に6本のオリジナル作品の連載を始めた。このうち、『ファイアパンチ』(藤本タツキ著)、『終末のハーレム』(LINK著/宵野コタロー著)、『彼方のアストラ』(篠原健太著)が人気作に成長。アクティブユーザーが一気に増えたという。

 この流れは、前編で紹介した『SPY×FAMILY』や『怪獣8号』(松本直也著)にもつながっていく。少年ジャンプ+の集客ポイントは「魅力的なオリジナル作品」へとシフトし、オリジナルの人気作が起爆剤となり、読者の増加が続くというパターンが定着した。

「とにかく読ませる」が離脱率を抑えるカギ

 こうした作品の人気に火がつく瞬間、効果を発揮するのはやはりSNSなどの口コミだ。少年ジャンプ+の場合、アプリからだけでなく、Webブラウザーでも作品が読めること、アプリで読んでもWebで読んでも、面白ければすぐにシェアできることが、口コミが拡散しやすい要因だと細野編集長は分析する。

 また、前編でも触れたように少年ジャンプ+のアプリには、初めてインストールした読者を対象に、初回の閲覧に限り、オリジナル連載作品が全作・全話無料で読めるという特典を用意している。SNSの口コミをきっかけに、Webブラウザー経由でジャンプ+にアクセスした新規読者にそのお得感をアピールすることで、アプリへの移行を促すのだ。

「面白いと思ったらすぐにシェアしてもらえるのもWeb漫画の強み」と細野編集長
「面白いと思ったらすぐにシェアしてもらえるのもWeb漫画の強み」と細野編集長

 これには離脱率を防ぐ狙いもある。ジャンプ+アプリのユーザーデータを分析したところ、離脱する読者の多くは、アプリをインストールしたものの、作品を1つも読まずにアンインストールしていた。逆に言えば作品を1つでも読めば離脱率はぐっと下がる。

 アプリを初めてインストールした読者が入りやすい作品をどう作るか。それをどう読ませるか。注目作をポップアップで表示したり、ランキングで人気作を示したり、プッシュ通知できっかけを作ったりといったデジタル施策は当然のこと、漫画誌アプリである少年ジャンプ+ならではの取り組みの1つが読み切り作品への注力だ。

 現在、少年ジャンプ+では、漫画賞の受賞作などを含め、年間約200本もの読み切り作品を掲載している。連載作品は長い分、読み応えや習慣化という点で強みがあるものの、途中から入りにくいのも確か。その点、読み切り作品は新規読者が試しに読んでみるのに最適だからだ。

 アプリは随時アップデートすることで、ユーザーデータの収集機能も高めている。例えば、直近ではこれまで1作品に1回しか押せなかった作品評価ボタン「いいジャン」を10回まで押せるようにすることで、読者の評価が作品人気ランキングに反映されやすくした。今後もアプリならではの方法で、作品を中心にした読者とのコミュニケーション強化に注力していく方針だという。

新人漫画家の発掘も重要な要件

 少年ジャンプ+が読者を引きつけるために注力しているもう一つのことが、新人漫画家の発掘だ。

 「紙かデジタルかに関係なく、漫画の媒体は、強い作品が生まれる→読者が増える→多くの読者に読んでもらいたい新人漫画家が集まる→(編集部と新人漫画家によって)強い作品が生まれる……というサイクルが理想」と細野編集長。層の厚い漫画家陣を擁することは媒体として存続するために必須事項なのだ。

 漫画媒体にとって、新人漫画家発掘の定番手段が漫画賞。ただし、Web漫画の広がりで、漫画賞の形も変わりつつある。

 少年ジャンプ+編集部が設けているのが投稿・公開サイトの「ジャンプルーキー!」だ。新人漫画家はジャンプルーキー!の専用サイトとアプリに自作の漫画を投稿・公開できる。毎月投稿された作品のうち、ランキング上位10作品から「月間ルーキー賞」を選出。ネット環境さえあれば、24時間、365日いつでも応募できる。

 「Pixiv(ピクシブ)」のような投稿サイトやTwitterなどのSNSに自作の漫画を公開する人が増える中、より手軽にチャレンジできる体制を整えている。

 並行して、明確な特徴を持つ漫画賞も積極的に企画している。例えば、「ジャンプルーキー!アナログ部門賞」は原稿を編集部に郵送応募する漫画賞。デジタル全盛の時代とはいえ、デジタルで思い通りの細やかな絵を仕上げるためには、機材やスキルが必要になる。今でも漫画家を目指すのに“紙”と“ペン”を起点とする人は多いのだ。また、編集部に直接郵送するため、「ジャンプルーキー!の専用サイトでいきなり多数の人に見られるのは恥ずかしい」という人にも向いている。

「ジャンプ+」の中には、「ジャンプルーキー!」の特設ページがある
「ジャンプ+」の中には、「ジャンプルーキー!」の特設ページがある

 逆に、どんどん公開したいという人向けなのが、「ジャンプ+インディーズ連載」枠だ。これはジャンプルーキー!への作品投稿時にエントリーを表明することで「ジャンプ+連載争奪ランキング」に参加できるというもの。各月ランキング1位の作品には少年ジャンプ+での連載権が与えられる。

 漫画家にとってユニークなのは、編集部との打ち合わせなどせずに連載できること、原稿料とは別に人気に応じたボーナス金がもらえることだ。「漫画家にはプロの目でアドバイスをする編集がいたほうがいいという人と、独りで自由に描くほうがいいという人がいる。インディーズ連載枠は後者のタイプ向け」(細野編集長)だ。

 このように賞にバリエーションを設けるのは「異色の賞には異色の漫画家が集まるから」。多様化する読者の嗜好に対応するには、新人漫画家もまた多様化することが必要というわけだ。

選考過程を動画で見せる漫画賞を始動

 既に様々な賞を設けている少年ジャンプ+だが、また新たな漫画賞を始める。それが20年12月22日に募集を開始した「MILLION TAG」だ。同賞では作品応募と面接による選考を経て、6人の連載候補者を選抜。その候補者と6人の編集者がタッグを組んで、オーディション形式で優勝を目指す。

 候補者と編集者が課題と審査に挑む過程をYouTubeの「ジャンプチャンネル」で配信するのが新しい試みだ。候補者には漫画作りに集中できるスタジオを貸与。優勝すると賞金500万円に加え、少年ジャンプ+での連載、優勝作品の単行本化、優勝作品のアニメ制作(1話分相当)が確約される。

選考過程を動画コンテンツとして公開するという新機軸の漫画賞「MILLION TAG」
選考過程を動画コンテンツとして公開するという新機軸の漫画賞「MILLION TAG」

 漫画賞の選考過程を動画で公開するというまれに見る試み。既存の賞とは異なる漫画家や編集者の個性も問われそうだ。それをあえて仕掛ける理由もまた「異色の賞には異色の漫画家が集まるから」。新たな才能を発掘し、次世代のヒット作につなげることが最大の目標だ。

 加えて、MILLION TAGに参加する編集者の1人である林士平(りん・しへい)氏は「僕らがいかに漫画家と打ち合わせをし、サポートをしているのかを見てもらいたい」と語った。それによって、「MILLION TAGとは別の賞に応募してみよう、編集部に持ち込みをしてみようと思ってくれる人が増えたらと期待している」(林氏)。

 前述のように、今はイラスト・漫画投稿サイトやSNSなど、手軽に自作の漫画を発表する場が多数ある。でも「だからこそ必要になるのが編集者の編集力、そうした編集者を抱える媒体力だと思う」と細野編集長。MILLION TAGはそれを発信する一つの機会となりそうだ。

 漫画媒体は、強い作品が読者を集め、その読者が「たくさんの人に漫画を読んでほしい」と願う漫画家を集めるというサイクルで成り立つ。だからこそ、ジャンプ+のマーケティング戦略は読者だけでなく漫画家にも向けられていると言えるだろう。

「少年ジャンプ+」の編集者である林士平氏。今、人気の『SPY×FAMILY』(遠藤達哉著)、過去には『青の祓魔師』(加藤和恵著)や『チェンソーマン』(藤本タツキ著)などを担当したことでも知られる
「少年ジャンプ+」の編集者である林士平氏。今、人気の『SPY×FAMILY』(遠藤達哉著)、過去には『青の祓魔師』(加藤和恵著)や『チェンソーマン』(藤本タツキ著)などを担当したことでも知られる

(写真提供/集英社、写真/稲垣宗彦)

3
この記事をいいね!する