アサヒビールが2021年4月20日に発売する「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」(コンビニエンスストアでは4月6日に先行発売)。ふたを開けると、きめ細かな泡が自然に発生し、生ジョッキで飲むような味わいが楽しめる。「発売前からかつてない反響」という新商品は、開発に4年。既成概念を捨てるところから始まった。

大きく開いた缶の口に、泡が自然に盛り上がる「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」
大きく開いた缶の口に、泡が自然に盛り上がる「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」

 「モニター調査では、普段酒を飲まない人からも『いつ発売するのか?』という期待の声が上がった。あんなに前のめりの反応を見たのは初めて」

 「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶(以下、生ジョッキ缶)」の開発を担当したビールマーケティング部ブランドマネージャーの中島健氏は驚きを隠せない。アサヒビールのお客様相談室にも問い合わせが相次いでいるという。

 缶のふたを全開すると泡が自然に発生する──。生ジョッキ缶を初めて目の当たりにした人は驚くに違いない。カシュッと通常の缶より大きく小気味いい音を立ててふたが開くと、クリーミーで繊細な泡が缶の口からゆっくりと盛り上がってくる。グラスに注げばやがて消えてしまう泡も、生ジョッキ缶では飲んでいる間も次々に泡が出てくるのだ。

缶を開けると(左)、自然に泡が立ち始め(中)、やがて口いっぱいに(右)。ふたを開けるだけで泡が自然に発生することに驚く
缶を開けると(左)、自然に泡が立ち始め(中)、やがて口いっぱいに(右)。ふたを開けるだけで泡が自然に発生することに驚く

 「日本初」となる生ジョッキ缶の開発が始まったのは4年前。きっかけは家飲み需要の高まりだったと中島氏は振り返る。

 「高まる節約志向と共に家庭でお酒を飲むお客様が増え、クラフトなどの個性派ビールや缶ハイボール、瓶リキュールなど、嗜好も多様化していた。ビールメーカーとして家庭用で新機軸となる商品を作りたいと、生ジョッキ缶の開発を始めた」

「泡を出さない」から「泡を出す」へ

 生ジョッキ缶には、大きく2つの特徴がある。缶の上面が全開することと、ビールが自然に泡立つことだ。

 実は10年前にも、中島氏は上面全開のビール缶を手がけたことがある。だが、モニター調査では、飲み口が広いだけの缶に消費者は無反応。当時は泡が出るわけでもなく、缶を開けると目に入るのは金色の液体だけだったからだ。「やはりビールは、視覚的にも泡がないとおいしそうには見えないのだと認識した」(中島氏)。

 10年前の経験から、生ジョッキ缶の勝負は泡だと分かっていた。製缶会社、塗料メーカーとの研究が始まった。しかし、17年の当初から開発は難航を極めた。全く泡が立たない。

 何しろこの数十年間追求してきたのは「泡を出さない」方法だ。缶ビールには「噴き試験」というものがある。缶を開けたときに泡が飛び出さないようにするためだ。しかし今回は、従来の概念とは正反対の発想。「泡を出す」方法を生み出さなければならない。既成概念を捨てることからのスタートとなった。

 仮説を立て、容器を作って流し込む。この繰り返しだったが、泡の状態が分かるのは開栓時。仮説、試作から結果の成否が出るまで時間がかかる。そのため「まず泡が立つまでに、数年を要した」(中島氏)。

 次に課題となったのは泡の質だ。冷えすぎると立ち方が弱くなり、温度が高いと出やすくなる。試作用の冷蔵庫と、家庭用の冷蔵庫では条件が異なる。家庭用でも、中身が少ない一人暮らしの冷蔵庫と家族大勢で暮らす家庭の冷蔵庫では、冷え方が変わる。それだけではない。全国8カ所の製造工場によっても泡の出方は違った。

 冷え方や製造環境によるばらつきを減らすための改良は、「9割方できている」(中島氏)が、現在も続いている。

見えない突起が泡を生む

 泡の秘密は、缶の内面に塗った塗料だ。ふたを開けたときの気圧差による自然発泡が、この塗料によってできたクレーター構造の凹凸によって増大し自然に泡が出る仕組みだ(下図)。通常の缶では発泡はほとんど起こらない。開発は塗料製造メーカーのトーヨーケム(東京・中央)と進めてきた。

缶の中は一見、つるんとして、アルミの色しか分からないが、塗料によってできた微細なクレーター状の突起により泡が発生する
缶の中は一見、つるんとして、アルミの色しか分からないが、塗料によってできた微細なクレーター状の突起により泡が発生する

一口が1.5倍量

 「通常のプルトップ缶に比べ、生ジョッキ缶は飲み口が広い。そのため、一口で口に入る流量が1.5倍と、飲みごたえや香りのインパクトが違う」と中島氏は付け加える。

 飲み口で気になるのは、安全面。生ジョッキ缶は全開する缶のふたの縁、缶の飲み口の両方に丸みをもたせて手や口が切れないダブルセーフティー構造をうたう(下図)。これはアルミの端を二重三重に丸めて接着することで実現した。

 従来の缶ビールには塗料を塗って焼き付ける工程はない。製缶のコストがかかるが、同じ価格で発売する予定だ。工場でビールを充填する際に泡が出るため、容量は通常の商品より10ミリリットル少ない340ミリリットルとなっている。

缶のふたや口の端を丸めて切れないように工夫したダブルセーフティー構造。取ったふたは缶の中に入れて廃棄するよう、缶に印刷して促し、環境面にも配慮
缶のふたや口の端を丸めて切れないように工夫したダブルセーフティー構造。取ったふたは缶の中に入れて廃棄するよう、缶に印刷して促し、環境面にも配慮

メインターゲットは20~30代

 「お酒文化をもっと広げていきたいという思いから、メインターゲットは今あまりビールを飲んでいない20~30代に据えている」と中島氏。

 同社が20年9月に実施した調査では、飲食店で飲むような生ビールを家で飲めない不満が大きいことも分かった。生ジョッキ缶は、新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要や家飲み派を攻略する戦略商品でもある。「独自ブランドをつくることも考えたが、王道のスーパードライで出すことにした。ビールって面白い、ビールを飲むとコミュニケーションが生まれる、というビールが生む『ワクワク感』を生ジョッキ缶で知ってほしいし、スーパードライのもともとのコンセプトが“挑戦”だから」(中島氏)。

 中のビールはスーパードライと同じ。生ジョッキ缶は中身というよりも“体験”で勝負する商品であり、その体験価値を伝えるコミュニケーションが重要になる。そのため、広告宣伝は、デジタルを活用した情報発信にかなり投資する。21年4月の発売時に流すタレント起用のテレビCMに先駆け、3月からインスタグラムやツイッター、YouTubeで動画をアップする予定だ。

 動画では一般のユーザーに「ふたが全開すると泡が出て、広口でごくごく飲める」という生ジョッキ缶を実体験してもらい、商品の理解と共感を促す。

 「これまで味やパッケージで差異化する商品を手がけてきたが、ビールそのものの見た目が違う商品は、なかなかできなかった」。中島氏自身も初の“体験”型商品に期待を込めている。