フリマアプリのメルカリが2020年11月4日、日本郵便と連携して新サービス「ゆうパケットポスト」を始めた。郵便ポストに投函(とうかん)するだけの「ポストにポン」で発送の常識を塗り替える。開発者はどんな思いをサービスに込めたのか。

「ゆうパケットポスト」を開発したメルカリの石川佑氏
「ゆうパケットポスト」を開発したメルカリの石川佑氏

全国15万カ所のポストが発送拠点に

 伝票を書かなくていいだけではない。伝票を貼る必要すらない──。メルカリで売れた商品を専用の箱に入れ、アプリで箱の上のQRコードを撮影。あとは近くの郵便ポストに投函すれば発送手続きが完了する。

 サービス名は「ゆうパケットポスト」。メルカリで取引された商品を宛名書き不要の匿名で日本郵便が配送する「ゆうゆうメルカリ便」に乗せることで、全国津々浦々にある約15万カ所の郵便ポストを発送拠点に変えた。料金は一律200円(税込み)。21年4月末まで20円分のポイントが付与され、実質180円(同)になる。

 ゆうゆうメルカリ便は、箱の大きさによって「ゆうパケット」「ゆうパケットプラス」「ゆうパック」から選べ、全国の郵便局やコンビニエンスストアのローソンで受け付ける。今回「郵便ポスト専用箱」として新たに加わったのが、ゆうパケットポストだ。

 全国約1100の郵便局とローソンで1枚65円(税込み)、100円ショップのセリアで2枚110円(同)、オンラインのメルカリストアで5枚300円(同)で販売し、箱の大きさは縦32.7×横22.8×厚さ3センチメートル。薄手の衣類やアクセサリー、化粧品、書籍、CDなど、2キログラムまでの小物が収まる。

 従来は商品を梱包した箱を店頭に持ち込み、アプリ内のQRコードを提示。その場で発行された伝票を貼る必要があった。ゆうゆうパケットポストは、ポストに入れるだけなので、店頭に出向く必要がない。QRコードは箱の上のシールに印刷されており、アプリで読み取った後にはがして手元に保管する仕組みだ。郵便局やローソン側にとっても、窓口やレジの混雑緩和と負荷軽減につながる。

メルカリと日本郵便の間でシステム連携しているため、QRコードをアプリで読み取り、ポストに投函するだけで発送が完了する
メルカリと日本郵便の間でシステム連携しているため、QRコードをアプリで読み取り、ポストに投函するだけで発送が完了する

匿名配送の先をいく体験設計を

 メルカリでゆうパケットポストの開発を担当したのは、Business Developmentシニアマネジャーの石川佑氏。「ポストに投函するだけ」というアイデアは、新型コロナウイルスの感染拡大前から温めていたという。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する