飲料メーカーがラベル包装のない「ラベルレス」のペットボトル飲料を続々と発売し、売り上げを伸ばしている。廃棄時にラベルを剥がす手間が省け、SDGs(持続可能な開発目標)にも合致する。ラベルレス商品のニーズの高まりを受け、ボトルや輸送用の段ボールのデザインなどに工夫を凝らすメーカーの動きを追った。

 ラベルレス商品をいち早く発売したのはアサヒ飲料だ。2018年にEC専用商品として「アサヒ おいしい水」天然水 ラベルレスボトルを発売し、その後「アサヒ 十六茶」「守る働く乳酸菌」「ウィルキンソン タンサン」などにもラベルレスを拡充。20年10月には、アサヒ飲料として初となるラベルレス専用商品「アサヒ 緑茶」ラベルレスボトルも発売した。同社のラベルレス全体の販売実績は好調で、「20年1~8月で前年同期比約2.2倍、8月は約2.5倍に伸長している」(アサヒ飲料マーケティング二部の飯島宙子課長)。

2018年からECで販売しているアサヒ飲料の「アサヒ おいしい水」天然水 ラベルレスボトル(写真提供/アサヒ飲料)
2018年からECで販売しているアサヒ飲料の「アサヒ おいしい水」天然水 ラベルレスボトル(写真提供/アサヒ飲料)

 コカ・コーラシステムが20年4月からECを中心に販売している「い・ろ・は・す 天然水 ラベルレス」も売れている。20年4~8月の「い・ろ・は・す」ブランドの小型容器のECチャネルにおける出荷量は前年同月比で約8割増。い・ろ・は・す 天然水 ラベルレスが新規ユーザーの獲得につながっている。「い・ろ・は・す 天然水 ラベルレスの購入者の8割は、既存のい・ろ・は・すを購入したことがなかった」(日本コカ・コーラマーケティング本部ウォーターグループの富重豪グループマネジャー)という。

20年4月からECで販売しているコカ・コーラシステムの「い・ろ・は・す 天然水 ラベルレス」。同年8月から「綾鷹」「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」「爽健美茶」のラベルレス商品の販売も開始した(写真提供/日本コカ・コーラ)
20年4月からECで販売しているコカ・コーラシステムの「い・ろ・は・す 天然水 ラベルレス」。同年8月から「綾鷹」「カナダドライ ザ・タンサン・ストロング」「爽健美茶」のラベルレス商品の販売も開始した(写真提供/日本コカ・コーラ)

 ラベルレス商品は当初、ECチャネルから導入が始まったが、リアルチャネルにも拡大してきた。サントリー食品インターナショナルは20年4月と8月、緑茶「伊右衛門ラベルレス(首掛式ラベル付)」を、コンビニと駅売店で数量限定で販売した。同商品は4月に大規模なリニューアルを行い、ラベルレス商品の販売はキャンペーンの一環。通常のラベルを巻いた商品は「ラベルを剥がして、緑茶の色を楽しみながら飲む」という飲み方提案をテレビCMなどで展開し、ブランド全体の売り上げはリニューアル前後1カ月で約2倍に伸長。い・ろ・は・す天然水 ラベルレスと同様に、新規顧客の開拓にも貢献しており、「ラベルレスタイプの伊右衛門の購入者は、これまで接点が少なかった若い世代の比率が高かった」(サントリーコミュニケーションズデザイン部の西川圭デザインディレクター)と話す。

20年4月と8月、コンビニと駅の売店で販売したサントリーの緑茶「伊右衛門ラベルレス(首掛式ラベル付)」。原材料や賞味期限などは首掛け式のラベルに記載した(写真提供/サントリー食品インターナショナル)
20年4月と8月、コンビニと駅の売店で販売したサントリーの緑茶「伊右衛門ラベルレス(首掛式ラベル付)」。原材料や賞味期限などは首掛け式のラベルに記載した(写真提供/サントリー食品インターナショナル)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊予約受付中】
専門レポート『マーケティングDX最新戦略』

顧客に適時に適切な方法で売り込み、顧客に寄り添ってカスタマーサクセスを実現するにはどうすべきか。マーケティング×DXの戦略立案、実行に必要な打ち手がここに。
日経クロストレンド編集部、日経BPシリコンバレー支局、20人以上の専門家が執筆。600ページ以上に、国内100社、海外50社、1234のマーケテックソリューション一覧、打ち手を見つけられるマーケティングDXマップなどを掲載。
日経BPのマーケティングDX最新戦略サイトへ