楽天がフォントに着目して、ブランド力の強化に乗り出している。2018年に楽天のロゴを一新しており、20年7月、新たに4種類のオリジナルフォントを発表した。現在、楽天グループのサービスは70以上に及ぶ。サービスによって最適なトーン&マナーが異なり、従来のフォントでは対応しきれなくなっていた。

2018年6月、国内外においてブランド力を強化するためにロゴをリニューアルした。統一性と多様性をテーマに、全事業のロゴも一新した
2018年6月、国内外においてブランド力を強化するためにロゴをリニューアルした。統一性と多様性をテーマに、全事業のロゴも一新した

サービスの多様化に対応

 2020年7月に楽天が発表したオリジナルフォントは、楽天のウェブサイトやアプリ、営業資料などで使用するための欧文書体。03年から同社のチーフクリエイティブディレクターを務める佐藤可士和氏の監修の下、英ロンドンにあるフォントデザインスタジオのDalton Maag社がデザインした。楽天のロゴを基にデザインしたベーシックな「Rakuten Sans」、上品な印象の「Rakuten Serif」、楽しさやかわいらしさを表現する「Rakuten Rounded」、力強いイメージの「Rakuten Condensed」がある。文字の太さ(ウエート)は各5種類を用意した。英語やスペイン語、フランス語など、16言語に対応している。

今回、開発した4種類のオリジナルフォント。日本語を組み合わせて使用するとき、それぞれに推奨の和文フォントがあり、社内で共有している
今回、開発した4種類のオリジナルフォント。日本語を組み合わせて使用するとき、それぞれに推奨の和文フォントがあり、社内で共有している

 開発した理由は、楽天グループの事業やサービスが多様化しているからだ。現在、楽天グループのサービスは70以上。金融は「先進性」、ECやスポーツは「明るく楽しく」など、事業やサービスごとに個性があり、情報発信におけるトーン&マナーも異なる。楽天はもともとゴシック体のオリジナルフォントを持っていたが、「それだけでは、さまざまに広がる各事業のニーズやイメージに応えられなくなっていた」と、今回のフォント開発を担当した楽天デザインラボの河上洋樹マネジャーは話す。

 目指したのはウェブサイトやアプリ、印刷物など、どのメディアでも判別しやすく読みやすい書体であること。

 「例えば、文字のサイズが小さくなると『c』が『o』に見えることがあるので、文字の端を斜めにカットするなど、できる限り読みやすくなるように工夫した」と楽天デザインラボのデザイナー、タイ・チーイエン氏は説明する。オリジナルフォントは、すべての楽天グループで必要に応じて適用していくという。

大文字と小文字の高さのバランスを読みやすい比率で統一。視認性や可読性も追求し、読み文字としても美しくなるよう設計している
大文字と小文字の高さのバランスを読みやすい比率で統一。視認性や可読性も追求し、読み文字としても美しくなるよう設計している
Rakuten Sansの「a」と「g」の書体は、楽天の企業ロゴのデザインに合わせたものと、可読性を重視したものの2パターンを用意した
Rakuten Sansの「a」と「g」の書体は、楽天の企業ロゴのデザインに合わせたものと、可読性を重視したものの2パターンを用意した
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊予約受付中】
専門レポート『マーケティングDX最新戦略』

顧客に適時に適切な方法で売り込み、顧客に寄り添ってカスタマーサクセスを実現するにはどうすべきか。マーケティング×DXの戦略立案、実行に必要な打ち手がここに。
日経クロストレンド編集部、日経BPシリコンバレー支局、20人以上の専門家が執筆。600ページ以上に、国内100社、海外50社、1234のマーケテックソリューション一覧、打ち手を見つけられるマーケティングDXマップなどを掲載。
日経BPのマーケティングDX最新戦略サイトへ