びっくりドンキーを展開するアレフ(札幌市)は、新業態の店舗「ディッシャーズ」で、タブレットと精算機を連動させることで、配膳以外の接客業務を削減できるシステムを導入した。自動精算システムなどを手がけるアルメックス(東京・品川)が開発した。客がオリジナルメニューを作成できる楽しさで売り上げ向上も見込める。人手不足に悩む飲食業界に一石を投じそうだ。

ハンバーグの枚数、ライスの量、その他トッピングなどを組み合わせて独自のメニューを作ることができる。ハンバーグの量はグラムではなく「枚数」を調整することでキッチン業務を効率化している
ハンバーグの枚数、ライスの量、その他トッピングなどを組み合わせて独自のメニューを作ることができる。ハンバーグの量はグラムではなく「枚数」を調整することでキッチン業務を効率化している

 2020年6月に江ノ島(神奈川県藤沢市)と東京・新宿の2カ所でオープンした「ディッシャーズ」は、びっくりドンキーと同じくハンバーグを中心としたメニューを提供する。セルフオーダーや自動精算機を導入した省人化運営の店舗で、客と店員の接触が少ない。withコロナ時代の新習慣にも適応した店舗といえそうだ。

 ディッシャーズには全席にタッチパネル式のオーダー端末が設置されており、客は席に着いたら人数を入力して注文画面へと進む。メインはハンバーグ、ライス、サラダで構成されたディッシュ(ワンプレート)メニュー。ソースやトッピングの種類、ライスやサラダの量などを変更して自分だけのオリジナルメニューを作ることができる。

東京・新宿にオープンした「ディッシャーズ」。テーブルやカウンターにタブレット型の注文用端末を設置している
東京・新宿にオープンした「ディッシャーズ」。テーブルやカウンターにタブレット型の注文用端末を設置している

 客が好みの食材や量を選択すると画面上のイメージが更新され、ボリューム感や彩りを確認できる。目の前でメニュー作りの楽しさを演出できることから「エンタメオーダー」と名付けられた。客がオーダーすると、データだけでなく、出来上がりのイメージ画像を調理スタッフに送信する。1品ごとに異なるオリジナルメニューでも、調理のミスを防ぐようにしている。

 40卓ほどの規模の店舗であれば、キッチン2人、ホール1人の最少3人で運営が可能になるという。

スタッフの教育期間も短縮

 客がテーブルに設置された端末を使って注文を入力する、いわゆるテーブルトップオーダーをびっくりドンキーの系列店で導入したのは今回が初めて。アレフのオペレーションプランニングチーム中嶋義則氏は「高生産性の店舗を実現するためにはテーブルトップオーダーの導入が不可欠だった」と話す。ハンディターミナルを使用した従来の方法では、スタッフが使い方を覚えるまでに時間がかかったり、操作ミスが発生したりするからだ。

実際にオリジナルのメニューをオーダーしてみると、タブレット端末で注文したときの画像と同じ見た目の料理が届いた
実際にオリジナルのメニューをオーダーしてみると、タブレット端末で注文したときの画像と同じ見た目の料理が届いた

 ディッシャーズのオープンに先んじて今年3月から同システムを試験的に導入したびっくりドンキー南池袋店では、注文を客が自ら入力することでスタッフのオーダーミスがなくなり、月あたり約80食のフードロスを削減できたという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>