P&Gが「第3の柔軟剤」と呼ぶ「レノアリセット」が、従来の柔軟剤と異なるパッケージデザインと相まって、注目を集めている。消臭や香りに加え、衣類のヨレや毛玉を防いで長持ちさせるという「衣類のダメージケア」に着目し、第3の柔軟剤を標榜。既存商品と一線を画すシンプルなパッケージで勝負する。

P&Gが2020年4月に発売した第3の柔軟剤「レノアリセット」。メディアや店頭で見た際に記憶に残るデザインを目指したという。フレッシュローズ&ナチュラルガーデンとヤマユリ&グリーンブーケの2種類がある
P&Gが2020年4月に発売した第3の柔軟剤「レノアリセット」。メディアや店頭で見た際に記憶に残るデザインを目指したという。フレッシュローズ&ナチュラルガーデンとヤマユリ&グリーンブーケの2種類がある

 「レノアリセット」は2020年4月から販売しており、パッケージはスリムな縦長で2色しかない。表面のデザインはボトルに直接プリントしており、シュリンク(熱で収縮する薄いフィルム)は使っていない。中央の花のグラフィックは、エンボス加工でへこませた。かなりシンプルなデザインで、香りを表現する花や植物の絵柄を施した従来の柔軟剤とは大きく異なる。だが、シンプルさが売り場では逆に目立っているようだ。

 「これまでの常識を打ち砕くようなデザインの柔軟剤にすることで、テレビコマーシャルや店頭で目にした際に、インパクトが残るようにした。今までとは違うカラーやシェイプが、アイコンの役割を果たしてくれると期待している。メーカーは覚えられなくとも、ボトルのデザインは覚えられる印象的なデザインにした」(P&G 広報渉外本部・ファブリックケア PR担当)

 新開発の「ファイバーケア成分」を取り入れたことで、衣類のダメージケアにつなげた。同成分は、肌のダメージを防止する効果があるとされる「繭玉」から着想を得た。繊維の細かい部分に浸透して、S字フックのように繊維同士を結び付ける機能がある。繰り返し洗濯することで起こる繊維同士の伸びを防ぎ、えり元やそで口のヨレや毛羽立ちを抑える。衣類の劣化を防ぐ効果が期待できるという。

詰め替えパッケージのデザイン。リアルな花のグラフィックを配置している
詰め替えパッケージのデザイン。リアルな花のグラフィックを配置している
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊予約受付中】
専門レポート『マーケティングDX最新戦略』

顧客に適時に適切な方法で売り込み、顧客に寄り添ってカスタマーサクセスを実現するにはどうすべきか。マーケティング×DXの戦略立案、実行に必要な打ち手がここに。
日経クロストレンド編集部、日経BPシリコンバレー支局、20人以上の専門家が執筆。600ページ以上に、国内100社、海外50社、1234のマーケテックソリューション一覧、打ち手を見つけられるマーケティングDXマップなどを掲載。
日経BPのマーケティングDX最新戦略サイトへ