「BanG Dream!(バンドリ!)」「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」「カードファイト!! ヴァンガード」などの人気IP(知的財産)を持つブシロードにとっても、新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う各種イベントの中止は痛手となった。ただ、同社代表取締役会長の木谷高明氏は、「新型コロナの影響をいち早く想定し、2020年1月末から対策に動いていた」という。その言葉通り、20年2月には同社主催の全イベントの中止を決定。その内容を聞いた前回記事に続き、本記事ではここからビジネスをどう立て直すのか、今後のリアルイベントはどうなるのかに話を進める。

ブシロード代表取締役会長の木谷高明氏
ブシロード代表取締役会長の木谷高明氏

前回はこちら

イベントではオリジナルマスクを配布、販売

――前編に続き、コロナ後のイベント運営について伺っていきたいと思います。すでに実施が決まっているイベントはありますか。

木谷高明氏(以下、木谷氏) 2020年7月4日から8月9日まで、東京・水道橋の東京ドームシティにある「Gallery AaMo」で「バンドリ!&スタァライト展 in Gallery AaMo」という展示イベントを実施します。

「バンドリ!&スタァライト展 in Gallery AaMo」はバンドリ!、少女☆歌劇 レヴュースタァライト、アルゴナビスの合同展
「バンドリ!&スタァライト展 in Gallery AaMo」はバンドリ!、少女☆歌劇 レヴュースタァライト、アルゴナビスの合同展

――そのイベントではどのような感染対策を?

木谷氏 午前と午後に分けてチケットを販売し、入場人数を制限します。場内にいる来場者をコントロールすれば、会場はかなり広いので、ゆったり見られると思います。

 加えて、入場特典として洗えるウレタンマスクを配布します。このマスクはもともと19年のイベントでお世話になったデザイナーさんが送ってくれたものなのですが、使ってみたら装着感がとてもいい。社員にもとても好評でした。使ってもらえば、きっとすぐに良さが分かると思います。

 そこで、まずは入場特典として配布し、グッズとしても販売します。気に入ってくれた人からは絶対に注文が入ると思いますよ。

「バンドリ!&スタァライト展 in Gallery AaMo」の一角。入場人数を制限して実施する
「バンドリ!&スタァライト展 in Gallery AaMo」の一角。入場人数を制限して実施する

――「BanG Dream!(バンドリ!)」のオリジナルグッズとしても布製マスクを作っていらっしゃいますね。

木谷氏 20年4月末から受注生産で数回販売しました。布製で、ゲームのファンでなくとも使えるデザインにしています。この夏は暑さを感じにくいない素材で、洗って何度でも使える布製マスクが主流になると見ています。

「BanG Dream!(バンドリ!)」のオリジナルグッズとして発売した布製マスク
「BanG Dream!(バンドリ!)」のオリジナルグッズとして発売した布製マスク