「BanG Dream!(バンドリ!)」「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」「カードファイト!! ヴァンガード」(以下、ヴァンガード)などの人気IPを持つブシロード。近年は音楽ライブや新日本プロレスの興行などリアルイベントにも力を入れる。それらに新型コロナウイルスはどう影響したのか。木谷高明会長は「1月末には対策に動き始めていた」と言う。

ブシロード代表取締役会長の木谷高明氏
ブシロード代表取締役会長の木谷高明氏

――新型コロナウイルスには早い段階から対策されたと聞いています。

木谷高明氏(以下、木谷氏) 全社員一堂に会しての全社朝礼を最後に開いたのが2月17日。その場で社内向けに緊急事態宣言を出しました。「2日間で在宅勤務の体制を整える」と社員に伝え、その日のうちに新宿や秋葉原にノートPCを50台買いに行かせました。

 その週末には米国の現地法人に電話し、マスクを調達させています。5月中旬までに調達したマスクはトータルで25万枚くらいになったでしょうか。社内に10万枚、残る15万枚は社外の取引先などに配りました。

――膨大な数ですね。

木谷氏 3月上旬の時点でみんなマスクを持っていませんでしたから取引先にはとても喜ばれましたね。

陣頭指揮を執るために「代表取締役会長」に復帰

――17年10月に代表取締役社長からデジタルコンテンツ事業や広報宣伝を管掌する取締役に退きましたが、20年6月19日に再び代表権のある代表取締役会長に就任されました。それは自ら指揮を執るためですか。

木谷氏 そうですね。逆に言えば、新型コロナウイルスの問題がなければ代表取締役にはならなかったでしょう。

 今は新型コロナウイルス影響下の非常時、いわば「戦時」です。こういう状況ではトップダウンで組織を動かせることが大事。役職上は一(いち)取締役でも、創業者であり、私の家族でブシロード全体の55%の株式を持っていることを考えると、喫緊の要件に関しては私が先頭に立って判断し、決断のスピードを上げることが必須と思えました。社内だけでなく取引先や株主に対しても、打ち出す施策の説得力が増すという判断もありました。

 金融機関との取引やIR関連、管理部門、海外業務などは引き続き橋本義賢代表取締役社長が担います。僕は非常事態で前面に立つと同時に、従来通りコンテンツを担当します。ものづくりという部分では今までとまったく変わりません。