緊急事態宣言が解除されて間もない2020年5月28日、クラウドファンディングの「Makuake」で、ある電動モビリティのプロジェクトがスタートした。製品の名は「X-SCOOTER LOM」。瞬く間に支援者を集め、応援購入は1億円を突破した。なぜ、これほどまでに人気を集めたのか。プロトタイプに試乗し、その秘密を探った。

グラフィットの「X-SCOOTER LOM」は公道走行が可能な立ち乗り電動モビリティ。LOMは「ラストワンマイル(Last One Mile)」の略(写真はプロトタイプ)
グラフィットの「X-SCOOTER LOM」は公道走行が可能な立ち乗り電動モビリティ。LOMは「ラストワンマイル(Last One Mile)」の略(写真はプロトタイプ)

 「X-SCOOTER LOM」を開発したのは、和歌山発の乗り物ベンチャー、glafit(グラフィット)。プロジェクト開始から約1カ月後の現在(20年7月6日時点)、募集期間を50日以上残しながら、支援者の数は1000人を超え、応援購入総額は1億円を突破している。価格は支援時期によって違うが、200台用意された10万5000円の応援購入分は早々に売り切れ、現在は11万9000円。クラウドファンディング終了後の一般販売価格は14万9600円を予定している。

Makuakeで1000人以上から1億円を超える支援を獲得
Makuakeで1000人以上から1億円を超える支援を獲得

 実は、グラフィットがクラウドファンディングに挑戦するのは、これが2度目だ。最初のプロジェクトは3年前の17年5月に実施した、折りたたみ可能な電動バイク「GFR-01」。見た目はほぼ折りたたみ自転車でありながら、完全電動走行が可能で、ペダルをこがずに走行できる。ありそうでなかったコンセプトが話題を呼び、GFR-01は3カ月で1284人から1億2800万円もの支援を集めた。これは当時のMakuake応援購入総額の最高記録だった。現在、GFR-01は全国のオートバックスやビックカメラなどで販売されており、累計で約5000台を売り上げている。

グラフィットの最初の製品は、折りたたみ電動バイクの「GFR-01」
グラフィットの最初の製品は、折りたたみ電動バイクの「GFR-01」

 そんなグラフィットが次なる挑戦として目を付けたのが、立ち乗り電動モビリティだ。鳴海禎造社長は、「ここ数年で大人が(電動キックボードのような)立ち乗りのモビリティに乗るようになった。この状況を見て、立ち乗りモビリティには受け入れられる土壌がありそうだと考えた」と開発の背景を説明する。ただし、海外の立ち乗りモビリティの状況を見ると、まだまだ課題もある。

 大きな課題の1つが、本体の寿命だ。鳴海氏によると、海外のシェアリングサービスで使われる電動キックボードは、機体の交換サイクルが100日程度しかないという。「数カ月で交換・廃棄することが前提だからこそ、あの(貧弱な)機体で回せる」(鳴海氏)。ところが、それでは地球環境に優しいはずの電動モビリティが、少しもエコではなくなってしまう。そこで今ある課題を解決すべく、グラフィットは立ち乗りモビリティにどんな要件が必要なのかを一から考えた。

LOMは大きな前輪と独特のフレームが目立つ
LOMは大きな前輪と独特のフレームが目立つ

電動キックボードの弱点を潰した!

 多くの電動キックボードは内蔵式バッテリーを搭載するが、それではバッテリーが劣化したとき本体ごと廃棄せざるを得なくなる。そこで、グラフィットはLOMで交換式のバッテリーを採用することにした。重量があるバッテリーの理想的な配置を考えると、その位置は足元だ。その結果、正面を向いてバッテリーをまたぐように乗る乗車姿勢が生まれた。また、電動キックボードの中には前輪にモーターを内蔵するものも多いが、実際に走行実験をしてみると、後輪を駆動したほうが走破性は高い。そこでLOMでは、モーターを後輪に内蔵することが決まった。荒れた路面でもスムーズに走るために前輪に大きな12インチタイヤを採用した結果、前後輪が違うサイズとなった。このように一つ一つ要素を積み重ねて生まれたのが、LOMの独特のフォルムだ。

LOMの開発プロセスを示すスケッチ。このアニメーションの順番で設計が進められた
LOMの開発プロセスを示すスケッチ。このアニメーションの順番で設計が進められた

[こちらをクリックするとGIFアニメが再生されます]

 LOM発表翌日の20年5月29日、グラフィットの東京オフィス近くで、早速プロトタイプに試乗する機会を得た。実物を目にしてまず感じたのは、「かなりコンパクトだな」ということ。筆者は電動キックボードをサブスクリプションで日常的に利用した経験があるが、そのとき使っていた電動キックボードと比べると、前後の長さがかなり短い。スペックを見てみると、全長は1050mmと書いてあるが、そのうちタイヤが占める割合が大きく、人が乗るステップ部分は切り詰められている。そのステップにはスケートボードの表面と同じデッキテープが貼られており、滑りにくい工夫がされている。

原付としてナンバープレートを取得し、公道走行が可能だ
原付としてナンバープレートを取得し、公道走行が可能だ
右手の親指部分にある黒いレバーがアクセルの役割
右手の親指部分にある黒いレバーがアクセルの役割

 ちなみにLOMは、50cc以下のスクーターと同じ「第一種原動機付自転車」に分類される。つまり運転免許(普通自動車免許)が必要で、ヘルメットの着用も義務づけられている。走行できる場所は車道のみで、歩道はもちろん自転車専用レーンも走ることはできない。自転車では免除されていることが多い一方通行も、LOMで逆走したら交通違反だ。

 ヘルメットをかぶり、バッテリーとフレームをまたいで片足をステップにおく。反対の足を持ち上げると同時にハンドルのレバーを押し込むと、LOMはするすると音もなく走り出した。タイヤが大きいためか安定感があり、ふらつくこともない。自転車に乗れる人ならすぐに乗れるだろう。

 試乗したLOMはプロトタイプなので、最終製品としての評価はできないが、その走りは驚くほどパワフルだった。試乗車には3種類のパワーモードが用意されており、事前に「最もハイパワーのモードで乗るときは慎重に」と注意を受けていたのだが、いざ乗ってみるとアクセルをあけた瞬間に体が後ろに持っていかれるくらいのパワーがあった。

 自転車型の電動バイクGFR-01は、上り坂でパワー不足を感じたらペダルをこいで進むことができるが、ペダルのないLOMはそうはいかない。このため、より高い電圧のバッテリーと強力なモーターを採用したという。過去に筆者が乗ったLimeやWind Mobilityなどの電動キックボードと比べても明らかに力強く加速する。坂道が多い地域を走るうえで、加速性能はとても大切だ。その点、LOMはきちんと日本の道路事情を考えて設定されているように感じた。

 最高速度は、もっともパワフルなモードで、時速25キロメートル以上出る。最高速近くまでスピードを上げてもふらつきが少ないのは、12インチの大きな前輪のおかげだろう。道路の段差や、わだちも難なく乗り越えられる。クルマと並んで走らざるを得ない公道を走る上でこの安心感は大きい。

 実用面でいうと、バッテリーを簡単に取り外せるのは便利だ。以前筆者が乗っていた電動キックボードは、本体ごと自宅に持ち込んで充電しなくてはならなかった。これはマンション住まいの人にとっては面倒だ。その点、LOMなら一般的な電動アシスト自転車と同じように、本体は駐輪場などに置いたままバッテリーだけを持ち帰って充電できる。充電時間は、約5時間だ。

着脱式のバッテリー。オプションで大容量タイプも用意する
着脱式のバッテリー。オプションで大容量タイプも用意する

 LOMのバッテリーは、パナソニックとの共同実証で生み出されたBMS(電池管理システム)を搭載しており、ユーザーの行動を学習して航続距離や電池残量を正確に示すという。使えば使うほど学習機能が働き、正確に残量を表示できるようになる。航続距離は体重や勾配などによって大きく左右されるが、55キログラムの荷重で約40キロメートル。この手のモビリティはバッテリーが減ると最高速も低下するので、実用距離は半分くらいと見ておいたほうがいいだろう。

 小さく折りたためるのもLOMの特徴だ。折りたためばコンパクトカーのトランクにも余裕で入るから、駐車場から目的地までのラストワンマイルの移動に利用することもできる。