セブン銀行は女性客を意識し、デザインを刷新したATMの設置を進めている。テンキー操作時にピアノの音を鳴らして軽快さを演出。季節感にあふれたイラストを毎月変えて画面に表示。外観は丸みを帯び、利用者を包み込む優しさを表現した。

印象を変えるため、正面から見て赤地に大きなロゴを目立たせていた外観を、白に変更。ただし側面にコーポレートカラーの赤を残し、商業施設内や駅前に設置した際にも見分けがつくようにした(左が新型で右が旧型のATM)
印象を変えるため、正面から見て赤地に大きなロゴを目立たせていた外観を、白に変更。ただし側面にコーポレートカラーの赤を残し、商業施設内や駅前に設置した際にも見分けがつくようにした(左が新型で右が旧型のATM)

 「セブン-イレブンのATM利用者を調査した結果、女性客の比率が少なかった。そこで、どういったデザインが女性客にとって使いやすいのかを考えた。今回、開発メンバーに女性社員も参加しており、これまでとは違ったATMを目指した」と、開発プロジェクトに携わったATMソリューション部調査役の後藤清春氏は言う。

 新しいATMは「ATM+(プラス)」と呼ばれ、セブン銀行にとっては第4世代に相当する。2019年9月から東京都内を中心に導入を進めており、20年3月時点では約1200台を設置済み。これまで5~10年ごとにATMを更新しており、今後も全国にある約2万5000台(20年3月末現在)を順次、入れ替えていく。

外部クリエイターに依頼したオリジナル音

 ATM+の開発については14年ごろから議論が始まり、17年にシステム開発を担当するNECも交えて「第4世代ATM開発プロジェクト」が発足した。女性客がコンビニのATMを敬遠する理由を分析すると、手数料を取られるという理由に加え、他のコンビニ客の目線などがあり、近づきにくい無機質なイメージがあるためと分かった。狭い店内という環境のためか周囲が気になり、ためらいがあるようだった。こういった点を、デザインでどうカバーするかが問われた。

 まず操作性を大幅に見直し、使用することが楽しくなるように考えた。そこで出金額やパスワードを入力するテンキーを押すと、それぞれのキーに応じて軽やかなピアノの音が聞こえるようにした。以前のATMでもテンキー操作時に音を鳴らしていたが、入力の有無を確認する単なる電子音だった。今回は無機質な要素を減らすため、楽器の音に変更。外部のクリエイターに依頼して音源を作り、音はギターにするかピアノにするかまでこだわった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する