新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、インターネット上のつぶやきに世界中の人々が翻弄されている。我々はデマやフェイクニュースとどう向き合えばいいのか。年間100万ものつぶやきを読み解く「投稿監視のプロ」に聞いた(全2回)。

ネット上の膨大な投稿を監視しているイー・ガーディアン。ソーシャルメディアチームの池田威一郎氏(左)と佐々木晴菜氏
ネット上の膨大な投稿を監視しているイー・ガーディアン。ソーシャルメディアチームの池田威一郎氏(左)と佐々木晴菜氏

後編はこちら

その1「一次情報以外は信じない」

 刻一刻とネット上にあふれるつぶやきの群れ。情報が氾濫し、錯綜する「インフォデミック」時代に、真偽を見破るポイントはあるのか。話を聞いたのは、イー・ガーディアンのソーシャルメディアチーム。24時間365日、交代制でネットパトロールに当たり、顧客企業にまつわる投稿を監視、分析している。対象となる投稿数は月間約1000万件、1人当たり年間約100万件を受け持つ、投稿監視のプロ集団だ。

 立川センター(東京都立川市)でチームリーダーを務める池田威一郎氏の答えは明快だった。それは、一次情報以外は信じないこと。「まず、誰が何を言っているのかを見極めるのが一番大事。公的機関がきちんと発表した情報かどうか。発表前に出回っている噂のような情報は、基本的にすべて信ぴょう性がないと考えたほうがいい」。

 信頼が置ける一次情報とは、自治体や省庁が運営するサイトやSNSアカウント、首相や知事の記者会見動画だ。政治家個人の発信も信じないほうがいいという。往々にして発信者の主観や憶測が含まれるからだ。たとえメディアであったとしても速報を急ぐあまり、誤まったニュースを流布してしまったケースが、ここ最近目立っている。

その2「1人1人がファクトチェックを」

 「フェイクニュース」を見破るポイントはあるのか。池田氏は、ここでも「誰が何を言っているか」が重要だと語る。切り取られた発言の要旨を追うのではなく、例えば、実際の記者会見動画を視聴する。「今の時代、やろうと思えば、一次情報に当たることができる環境はある。一般ユーザーであっても、ファクトチェックをしていくことが、今後ますます大事になってくる」(池田氏)。

 新型コロナウイルスの感染者数や検査実施数、入院患者数、死亡者数、退院者数といった統計データは、自治体ごとに閲覧できる(参考リンク「東京都のオープンソースを活用した新型コロナウイルス感染症対策サイトの紹介」)。報道機関に頼らずとも、自ら現状を把握するに足るデータは、ネット上に転がっているのだ。

東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイトには、日々の感染者数の統計データが簡潔にまとまっている。オープンソースで、この東京都のサイトをベースに各自治体版が次々と開設された
東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイトには、日々の感染者数の統計データが簡潔にまとまっている。オープンソースで、この東京都のサイトをベースに各自治体版が次々と開設された