新型コロナウイルスの感染拡大により、生活やビジネスの変革が加速している。在宅勤務の一般化は1例だ。そんな中、次代の標準になりうるサービスが続々と台頭。「アフターコロナ」の時代にビジネスはどう変わるのか、ネット系ベンチャー中心に支援を行うYJキャピタル社長の堀新一郎氏に聞いた。

ライブ配信やオンライン商談などが加速
ライブ配信やオンライン商談などが加速

新型コロナウイルスの感染拡大は、旅行や飲食関係など様々な業界に影響を及ぼしています。ベンチャー業界ではどのような影響が出ていますか。

堀新一郎氏(以下、堀) 投資先で見ると、やはり旅行系・飲食店系サービスの苦戦が目立ちます。また、結婚式や葬儀などのイベント関連のサービスも同様です。加えて、企業向けのSaaS系ベンチャーも、イベントの開催キャンセルなどによって顧客の獲得が目標を下回る事態に陥っています。

人の移動が従来ほど自由にできない中、ビジネスの仕方も変わらざるを得ない状況です。しばらく影響は続くと思われますが、新型コロナの収束後まで見越した場合に注目すべき企業やサービスは。

 リモートワーク(テレワーク)を円滑にするためのサービスは既に話題を集めていますが、今後さらに浸透し、一般化すると想定しています。新型コロナが問題になる以前は、リモートワークを実施する人は限定的で、拡大も緩やかでした。ですが、今回の出来事によって、時代は一気に進み始めました。このビジネスのオンライン化の波は、より幅広いシーンにも波及。「対面重視」と言われているようなビジネスの現場でも、導入を模索する動きが広がっています。

 その視点で興味深いのが、企業のインサイドセールス(遠隔営業)を支援する営業特化型オンライン会議システム「ベルフェイス」(ベルフェイス、東京・渋谷)です。資料をオンラインで共有しながら営業や商談ができるサービスで、相手側の端末に特別なソフトやアプリを入れてもらう必要がない手軽さが強み。新型コロナの影響拡大に伴い、企業からの引き合いも急増しています。対面で話すのが当たり前であり、いわゆる“足で稼ぐ”という文化が根強かった営業がオンライン化できることはまさに象徴的。ビジネスの様々な領域でオンライン化が加速すると想定されます。

ベルフェイスは、新型コロナウイルス対策として、期間限定でオンライン商談システムの無償提供を実施中
ベルフェイスは、新型コロナウイルス対策として、期間限定でオンライン商談システムの無償提供を実施中