日光東照宮をはじめ、世界遺産の2社1寺を擁する栃木県日光市に2020年5月22日、高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン日光」が開業する。リッツ初の露天風呂付き大浴場を備え、最高ランクのスイートルームはなんと277平方メートル。究極のくつろぎ空間と至極の体験を売りに、海外の富裕層の心をつかめるか。

ザ・リッツ・カールトン日光は、中禅寺湖畔に面した日光国立公園内に開業する
ザ・リッツ・カールトン日光は、中禅寺湖畔に面した日光国立公園内に開業する

 大阪、東京、沖縄、京都に続く国内5カ所目のリッツは、日光だった。標高約1200メートル。風光明媚(めいび)な中禅寺湖に面し、雄大な男体山を望む日光国立公園内に、高級ホテルの代名詞「ザ・リッツ・カールトン」が進出する。

 場所は、1894年から2016年1月まで120年余り営業した日光レークサイドホテル(前身はレーキサイドホテル)の跡地。このホテルを運営していた東武鉄道とマリオット・インターナショナルが手を組み、栃木県内初の国際ブランドのラグジュアリーホテルに姿を変える。

 ひさしのある石造りのファサードをくぐると、高い天井のアライバルロビーが広がる。その奥のラウンジエリアには約20点のアートが点在し、書斎のような空間「ザ・ライブラリー」では、暖炉を前に静かに読書を楽しめる。その隣には、世界のウィスキーと自家製カクテルが味わえる「ザ・バー」。時間が止まったかのような、ゆったりとしたときを過ごせる。

 リッツとして初めてとなる大浴場と露天風呂も併設。乳白色でミネラル分豊富な日光湯元温泉の源泉を引き込み、スパや24時間営業のフィットネススタジオも備える。

ラウンジエリアにある「ザ・ライブラリー」は暖炉のある書斎のような空間。アライバルロビーを含め、ラウンジエリアのデザインはオーストラリアのLAYAN Architects + Designersが手掛けた
ラウンジエリアにある「ザ・ライブラリー」は暖炉のある書斎のような空間。アライバルロビーを含め、ラウンジエリアのデザインはオーストラリアのLAYAN Architects + Designersが手掛けた

 コンセプトは「奥日光の自然と調和する邸宅」。メインターゲットは海外の富裕層だ。西洋の外交官らが避暑地として過ごした歴史を踏まえ、メイン棟、レイク棟、マウンテン棟の3棟に和と洋が融合した「和モダン」な全94室を展開する。

 圧巻はその広さ。キング、ダブルルーム(計84室)が57平方メートル、スイートルーム「中禅寺湖ビュー・スイート」(計9室)は115平方メートル。1室限定の「ザ・リッツ・カールトン・スイート」に至っては277平方メートルもある。

 全客室にプライベートバルコニーと縁側風のラウンジがあり、新緑、紅葉、雪景色と、四季によって移ろう絶景を心行くまで眺められる。室内には、栃木県の伝統工芸鹿沼組子をイメージした引き戸があり、浴衣や草履風のサンダルが備わる。バスタブやネスプレッソのコーヒーマシンも完備した。

 最上級の「ザ・リッツ・カールトン・スイート」には、ジムやスパトリートメントルームまであり、シェフが目の前で調理して美食を振る舞う。

キングルームのイメージ。プライベートバルコニーがあり、中禅寺湖または男体山が望める。57平方メートルのゆったりとした空間だ
キングルームのイメージ。プライベートバルコニーがあり、中禅寺湖または男体山が望める。57平方メートルのゆったりとした空間だ
1室限定の「ザ・リッツ・カールトン・スイート」は277平方メートル。極上空間が広がる
1室限定の「ザ・リッツ・カールトン・スイート」は277平方メートル。極上空間が広がる

 鉄板焼きカウンターを備えた本格日本食レストランに加え、中禅寺湖畔にたたずむ「レークハウス」では、野菜、果物、チーズなど日光の恵みを贅沢(ぜいたく)に使った西洋料理を提供する。全館を通して、まさに究極のくつろぎを形にした。

「本物の日本」が売りになる。リッツ東京との連泊プランも

 リッツ日光は東京からクルマや鉄道で約2時間の日光市中心部から、さらにクルマで40分ほどかかる奥日光エリアにある。距離の壁を越え、海外の富裕層をいかにして呼び込むのか。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>