仏・パリ発のエンジニア養成機関「42」が日本に上陸した。日本版「42 Tokyo」の入学試験には数千人が応募し、2020年1月6日に選抜試験がいよいよスタートした。三菱重工業や日本マイクロソフトといった大手が協賛するなど、国内企業からの期待も大きい。4月の開校を前に、エンジニア人材を育成する同校ならではの強みと、今後の展望を42 Tokyo事務局長に聞いた。

パリ発のエンジニア養成学校「42」が、ついに日本上陸する(写真はパリ校の様子)
パリ発のエンジニア養成学校「42」が、ついに日本上陸する(写真はパリ校の様子)
「42」はパリを始め、シリコンバレーやモスクワなど世界各国で展開しているエンジニア養成機関だ。24時間利用可能な施設を各地で有している。「挑戦したいすべての人に質の高い教育を」という理念を掲げており、理念に共感した個人や企業による協賛によって運営していることから学費はかからない。また教師は不在で、施設内で生徒同士が互いに協力しながらカリキュラムをクリアしていく「問題解決型学習」を採用している。「プログラミング」「アルゴリズム」「データサイエンス」「セキュリティー」と様々なジャンルを用意する。18歳以上なら入学試験を受けられるが、4週間取り組むというハードな入学試験を課しており、大半がふるい落とされる。入学後も、カリキュラムの内容がかなり過酷なことから継続していくのは大変だとされる。結果として出身者の実力には定評があり、大手IT企業も注目。実際に採用されている人も少なくない。日本では、DMM.comが誘致し、2020年4月に開校予定。エンジニア不足が叫ばれる中、新たな人材輩出校として注目を浴びている。

—— 世界15カ国以上に展開しているエンジニア養成校「42」。なぜこれほど世界に広がっているのか。

長谷川文二郎 事務局長(以下、長谷川) コンセプトが斬新だからだと思います。最も特徴的なのが、「授業料が完全無料」であることです。そもそも「42」は7年前にフランスでスタートしたエンジニアの養成機関。フランスの資産家が私財を投じて立ち上げました。フランスは学歴社会なうえ、非正規労働者が増加しており、学びを平等に提供するには無料であることが必須だったのです。当然、学歴や経歴も不問。世界各国にキャンパスがあり、運営母体は民間からNPOまで様々異なりますが、このポリシーは共通です。日本校の「42 Tokyo」ももちろん、授業料無料で経歴不問。18歳以上であれば誰でも入学試験を受けられ、卒業後の進路も自由です。

—— プログラミングなどのエンジニア養成という点では、オンライン学習でも可能なのではないかと思いますが、パソコンが数百台並んだリアルな“教室”を用意していますね。

長谷川 はい。それも42の特徴です。42には時間割はありません。授業もありません。24時間ずっと教室は開いていて、それぞれが自分のペースで課題をクリアしていく仕組みです。課題をひたすら解くだけなら、自宅や遠隔地でもできそうですが、参加者同士がリアルに顔を合わせてコミュニケーションを取ることを大事にしています。

42 Tokyoのキャンパスは東京・六本木のDMM.comオフィス内にあり、約300台のパソコンが並ぶ。24時間開放しており、生徒は自由に出入りができる
42 Tokyoのキャンパスは東京・六本木のDMM.comオフィス内にあり、約300台のパソコンが並ぶ。24時間開放しており、生徒は自由に出入りができる

授業もない。先生もいない。異色の“学校”

長谷川 42としてもオンライン化を進めようと考えた時期がありました。ただ、実社会では、エンジニアを含め、オフラインでのコミュニケーションは必須です。また、互いに教え合って切磋琢磨(せっさたくま)することが、大きなパワーになると考え、キャンパスを設けています。私もパリ校で学んでいた1人ですが、一緒に頑張る仲間がいることが常に励みになりました。

—— カリキュラムの特徴は?

長谷川 前述のように、授業は一切ありません。プログラムの仕様書のような具体的な課題が与えられ、それをクリアしていきます。指導をしてくれる先生もいないので、生徒自身でひたすら調べたり、同級生に聞いたりして問題を解決していきます。

 初期の課題は、C言語をベースとしたオーソドックスなプログラミングの基礎に関連したものです。進んでいくと、よりモダンなプログラミング言語や、ネットワークなどのシステム関連、機械学習といったデータサイエンスのアルゴリズム、アプリ開発など、自分の好きなジャンルを選んで学んでいきます(対象ジャンルは下の図参照)。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>