沖縄北部に世界的なテーマパークを築く構想が大きく前進した。大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を再建した森岡毅氏率いるマーケティング精鋭集団「刀」が、大和証券グループ本社と資本業務提携を締結。2024~25年の開業を目指す。

がっちりと握手する大和証券グループ本社の荻野明彦専務執行役(左)と、刀の森岡毅CEO(最高経営責任者)
がっちりと握手する大和証券グループ本社の荻野明彦専務執行役(左)と、刀の森岡毅CEO(最高経営責任者)

 今、日本で最も脚光を浴びるマーケター集団と、日本を代表する総合証券会社が、がっちりと手を組んだ。2020年1月30日、東京・丸の内の大和証券グループ本社に現れた刀の森岡毅CEO(最高経営責任者)は開口一番、こう言った。

 「刀の資本を増強する」。大和証券グループ本社が140億円を刀に注入し、出資比率にして3分の1超を握る筆頭株主に躍り出た。

 第1弾として挑むのは、沖縄北部での新テーマパーク建設。森岡氏がUSJ時代から温め続けた構想が、いよいよ前に動き出す。140億円のうち30億円を準備会社ジャパンエンターテイメント(那覇市)に出資し、刀がジャパンエンターテイメントの筆頭株主としてパーク開業をリードする。

 ジャパンエンターテイメントには、刀と近鉄グループホールディングス、沖縄からはオリオンビール、リウボウ、ゆがふホールディングスなどが参画する。パークの建設予定地は、今帰仁村と名護市にまたがるオリオン嵐山ゴルフ倶楽部。24~25年の開業を目指し、既に環境影響評価(アセスメント)に入った。

 「多くの沖縄の方々、多くの企業の力添えで何とかここまでたどり着いた。ついに沖縄北部にテーマパークを建てられる。我々の願いが1つかなう」。森岡氏は期待感を口にすると共に、こう言葉を継いだ。

 「このテーマパークは、沖縄のためにもちろんなるが、沖縄の1プロジェクトではない。日本国をよくしていくための大きな仕掛けの第一歩になる。このジャパンエンターテイメントという会社が大きくなれば、必ず未来の日本に貢献できる。50年後、100年後の日本のために植え付けた小さな、しかし貴重な種だ」

 そう言い切る根拠がある。森岡氏が引き合いに出したのはハワイだ。「ハワイは今や、世界の観光の宝石になった。しかし、1960年のハワイには軍港しかなかった。志のある米国人と志のある投資家がビジョンを描き、50年かけて今のハワイに変えた。これは奇跡としか言いようがない。米国人に戦略と投資と志があったからだ」。

 人々が遠いと感じる移動距離は3時間だとされる。日本からハワイに行くと片道8時間前後はかかる。それほど遠い南の島に、沖縄本島とほぼ同等の観光客が毎年押し寄せるのである。

 「ハワイから半径3時間で円を描いても、イルカしか住んでいない。沖縄から半径3時間で円を描けば、アジアの3億人近い人口が入ってくる。地政学的に沖縄は奇跡。貿易と観光でちゃんと稼いでいけるようにと、神様から恵まれたような場所。だからこそ、日本人として沖縄にノウハウと資本と志を注入したい。沖縄を、ハワイを超える存在にできる。日本にとっても素晴らしいプロジェクトになる」(森岡氏)。

「大自然」で人間の本能を揺さぶる

 森岡氏の頭の中には、既に1つの解がある。キーワードは「大自然」だ。「新テーマパークの投資規模は500億円から1000億円の間になる。沖縄北部には沖縄美ら海水族館という素晴らしい水族館があるので、あえて『やんばるの森』に焦点を当て、沖縄の魅力を増やし、観光客が増える構造をつくる」という。