カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致で改めて浮き彫りになった問題がある。ギャンブル依存症だ。対策のキーテクノロジーは顔認証。このほど日本中央競馬会(JRA)は実証実験をした。ただそれを知る人は少ない。積極的に公表してないからだ。顔認証という優れた技術の微妙な“立ち位置”が表れている。

G1など人気レースのときは人でごった返す東京競馬場(東京都府中市)
G1など人気レースのときは人でごった返す東京競馬場(東京都府中市)

 場所は、東京都府中市にある東京競馬場の入り口ゲート付近。そこに向かって数分おきに、腕章をした集団が通り過ぎていく。マスクをしている人、サングラスをかけている人、帽子をかぶった人もいる。意図的に早足でゲートを通り過ぎる人もいた──。

東京競馬場とウインズ銀座、1カ月間の実証実験

 これは、顔認証システムを使ったギャンブル依存症対策の実証実験の一コマだ。JRAが10月12日から11月17日まで実施した。その様子を撮影したのが下の写真である。

顔認証システムの実証実験の様子。写真中央の腕章をつけた数人が実験の被験者。上部の白丸部分にネットワークカメラがある
顔認証システムの実証実験の様子。写真中央の腕章をつけた数人が実験の被験者。上部の白丸部分にネットワークカメラがある

 同じ時期、東京都中央区にある場外馬券売り場のウインズ銀座でも実証実験が行われた。あえて悪条件にした顔について、どの程度の精度で識別できるかを3社のシステムで実験したのである。NTTデータ、富士通、パナソニックシステムソリューションズジャパン(東京・中央)の3社だ。

 あらかじめ登録した人を画像認識技術で本人確認できるか。また、20歳未満の人を判別できるか。この2点を確認した。画像認識で使った技術はディープラーニングである。

 もちろん実験の現場では、目につく場所へ大きな張り紙がされていた。ギャンブル依存症対策のための実証実験を実施中、という張り紙だ。来場者に対しては、カメラ撮影の目的をきちんと提示した。しかしJRAは、この実験の存在を積極的に公表してはいない。

 聞けば、確かに難しい立場だ。JRAが手掛ける中央競馬、そのほか地方競馬まで含めた競馬全体でみると売り上げは約3兆6000億円という巨大産業だ。公営ギャンブルの中でも群を抜いて規模が大きい。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>