日本最大級の共通ポイントカード「Tカード」によって集まる膨大な量の購買履歴データ。この情報を活用し、運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のグループ会社がマッチングサービスに参入。ライフスタイルから価値観を予測し、相性のいい相手が紹介できるという。

CCCグループのCreative 1(東京・渋谷)が開始したマッチングサービス「D-AI(デアイ)」(画像提供/Creative 1)
CCCグループのCreative 1(東京・渋谷)が開始したマッチングサービス「D-AI(デアイ)」(画像提供/Creative 1)

 アクティブ会員数(直近1年間にポイントを利用したユーザー数。複数枚保有の場合は名寄せしている)は2019年10月末時点で7006万人と、日本最大級のポイントプログラムである「Tカード」。加盟店はコンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストア、ファストフードなど201社17万3155店舗(2019年10月末現在)に上り、毎日膨大な量の購買履歴データが集まってくる。このビッグデータを使って商品開発やプロモーションの戦略を立てたり、Tポイント物価指数を公表したりと、これまでBtoB向けの活用が行われてきた。

 このデータを用いた初のコンシューマー向けサービスが、19年10月から静かにスタートしている。CCC傘下のCreative 1(東京・渋谷)の「D-AI(デアイ)」だ。名称の由来は“AIを活用して出会いを提供する”。すなわちマッチングサービスである。

 ここ数年、20代を中心にマッチングアプリが普及し、今や男女の出会いはアプリがきっかけ、というのが当たり前になりつつある。サイバーエージェント傘下でマッチングサービスを運営するマッチングエージェント(東京・渋谷)の市場予測によると、19年のオンライン恋活・婚活マッチングサービスの市場規模は530億円。24年には約2倍の1037億円まで拡大すると見込まれている。年齢層も、主に恋愛対象を探す20代から、結婚相手を探す30~50代へと広がりを見せている。

国内オンライン 恋活・婚活マッチングサービス市場規模予測
国内オンライン 恋活・婚活マッチングサービス市場規模予測

マッチングサービスに根本的な問題

 ただし結婚相手を探すというニーズに対しては、既存のマッチングサービスは根本的な問題を抱えていると、Creative 1社長の山﨑史郎氏は話す。長年一緒に生活していく結婚で重要なのは、ライフスタイルや価値観といった内面の相性。しかし、マッチングサービスで確認できるのは、顔などの外見や、年齢や年収といった登録された情報だけだ。マッチングサービスの多くはこうした情報がずらりと並び、ユーザーはこれらの情報を見比べながら、自分の希望に合った相手を絞り込んでいくしかない。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>