米ニューヨークに2018年12月に誕生した、新型店舗SHOWFIELDS。自らを「世界一面白いお店」と称し、主に新興D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)ブランドの商品を展示・販売する。注目はフロアごとに趣を変える販売スタイルとツアー型の販売手法だ。参加チケット1万枚が即完売するなど、従来の小売りのイメージを覆し、人気を集めている。

ニューヨーク発の新型店舗SHOWFIELDSはツアー型の販売手法を取り入れるなど、これまでにない体験を軸に人気を集めている
ニューヨーク発の新型店舗SHOWFIELDSはツアー型の販売手法を取り入れるなど、これまでにない体験を軸に人気を集めている

 デジタルを起点に成長してきたD2Cブランドが事業規模の拡大に併せて、自社で実店舗を構えたり、ポップアップストア(期間限定店)をオープンしたりするなど、売り場をリアルへと広げる傾向にある。マットレスのD2Cブランドで、ユニコーン企業の1社として知られる米キャスパーや、メガネのD2Cブランドの米ワービーパーカーはその典型例。新規顧客の開拓や、実際に商品を手に取って検討したいと考える潜在顧客層へのアプローチなどが目的だ。

 デジタル発のD2Cブランドの間で実店舗の価値が見直されているが、D2Cブランドの出店が相次ぐニューヨークのSOHO(サウス・オブ・ハウストン・ストリート)地区は、店舗を構えるのに月額で2万5000ドル(約270万円)程度かかる。新興D2Cブランドがこれほどの資金を投下し、店舗を構えるのは現実的ではない。そこで店舗に商品を出したいがリスクは最小限に抑えたいというD2Cブランドのニーズを捉え、米国、特にニューヨークではD2Cブランドを集めたキュレーション型店舗が増えてきている。

 その1つがSHOWFIELDSだ。同店はニューヨーク NOHO(ノース・オブ・ハウストン・ストリート)地区にある、1913年築の歴史的建造物を商業施設に改装した。このエリアはSOHO地区と対をなす位置関係にある。

SHOWFIELDSの外観。1~3階が展示販売やショーのスペース、4階がイベントスペースとなっている
SHOWFIELDSの外観。1~3階が展示販売やショーのスペース、4階がイベントスペースとなっている

D2Cブランドの商品だけを集めた店舗

 SHOWFIELDSへの出店には月額6000ドル(約65万円)~1万2000ドル(約130万円)かかる(19年8月時点)。出店料には店舗の設計やデザイン、在庫管理、各ブランドの商品やサービスの知識を身につけたSHOWFIELDSスタッフによる接客・販売代行といった、店舗オペレーション費も含まれる。また、SHOWFIELDSでは来店客の店内の動きや、興味を持った商品情報などをデジタル連携により取得しており、そのデータもブランドに提供する。売り上げに応じた手数料は不要だ。

 1階のメインエリアではブランドごとにスペースが区切られ、各ブランドの世界観に合わせて内装が作り込まれる。各ブランドの販売スペースには、あらかじめ商品情報が登録されたタブレット端末が用意され、来店客は接客を受けなくてもタブレットを操作し、商品情報を知ることができる。

歯ブラシのサブスクリプションサービス「quip」のスペースで接客にあたる店員(左)と、説明を受ける来店客(右)
歯ブラシのサブスクリプションサービス「quip」のスペースで接客にあたる店員(左)と、説明を受ける来店客(右)
各ブランドのスペースに用意されたタブレットを使って、来店客自ら商品の詳細情報の確認や購入、会員登録などの操作ができる
各ブランドのスペースに用意されたタブレットを使って、来店客自ら商品の詳細情報の確認や購入、会員登録などの操作ができる
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>