ヤフーの親会社であるZホールディングス(HD)とLINEは2019年11月18日、経営統合することで合意。同日に開いた記者会見ではZHDの川邊健太郎社長とLINEの出澤剛社長が登場し「日本・アジアから世界をリードするAI(人工知能)カンパニーになる」と、GAFAへの対抗姿勢も見せた。

記者会見に登場し、握手するZホールディングスの川邊健太郎社長(左)とLINEの出澤剛社長(右)
記者会見に登場し、握手するZホールディングスの川邊健太郎社長(左)とLINEの出澤剛社長(右)

 17時から、都内のホテルで始まった記者会見は、登壇した2人が握手する姿を撮影しようと、報道陣が殺気立つほどの盛況ぶりだった。フラッシュを浴びつつ川邊氏は、「両社のシナジーを生かして世界に羽ばたく、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)やBAT(百度=バイドゥ、アリババ集団、騰訊控股=テンセント)に対抗できる第三極を東アジアから作っていきたい」と宣言した。両社は、約1年をかけて手続きを進め、20年10月の統合完了を目指す。

 報道陣の注目を集めたのは2人のネクタイだ。川邊氏はLINEのコーポレートカラーである緑、出澤氏がヤフーカラーの赤のネクタイを締めていた。「ラグビーのW杯でワンチームという言葉が流行したが、それに乗っかって最強のワンチームを目指したい」と語り、ラグビー選手が試合後にジャージーを交換し合うことになぞらえた。

 統合後はヤフーと同様にLINEもZHDの傘下に入る。会見では川邊氏がZHDの社長兼Co-CEO、出澤氏はZHDのCo-CEOとなり、2頭体制になることも発表した。

経営統合、決断の裏に2つの危機感

 統合を決断した理由としては、2つの危機感があると話した。1つはGAFAなどの巨大IT企業の存在だ。ITサービスは、人材、開発費、データが全て、強いところに集約される。「ウイナー・テイク・オールであり、強いところはもっと強くなり、それ以外との差がどんどん開くという産業構造にある」と出澤氏は話す。両社の研究開発などの投資額を合計してもGAFAとは「桁違い」(出澤氏)という状態ではあるものの、統合が完了すれば、1000億円は超える。AIを中心に、日本やアジアのユーザーに特化した使い勝手の良いサービスなどを提供することで差異化を目指す。

「テクノロジーで解決できる社会課題がまだまだある」(川邊氏)
「テクノロジーで解決できる社会課題がまだまだある」(川邊氏)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>