ヤフーとの経営統合で日本有数のAI(人工知能)カンパニーを目指すLINEは、専門家に直接相談や依頼などができる1to1プラットフォーム「LINE ASK me」を、2020年に提供する。19年11月25日に提供を始めた「LINE弁護士相談」や、既に提供している占いや悩み相談のサービスを効率よく提供して1to1事業を拡大する狙い。相談者と専門家のマッチングにAIを活用する。その中身をLINE取締役CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)の舛田淳氏に聞いた。

「“ググる”より、“正しい”人に聞いた方が早い。今1to1のニーズは高まっている」(舛田氏)
「“ググる”より、“正しい”人に聞いた方が早い。今1to1のニーズは高まっている」(舛田氏)

 20年中に、さまざまな専門家に相談できる1to1プラットフォームLINE ASK meを提供開始すると舛田氏が明かした。既に提供中のトーク占いやトークCAREと、今回提供開始されるLINE弁護士相談がこのプラットフォームの下にひも付く形だ。

 LINE弁護士相談は、LINE上で弁護士に直接法律の相談ができるサービスだ。弁護士ドットコムと業務提携しサービスを提供する。サービス開始時は、1対大勢のスレッド形式で無料相談や、全国1000人以上の弁護士を検索できる。20年春には、LINEのトーク上で1対1で弁護士にリアルタイム相談できるサービスを展開していく予定だ。

LINE上で手軽に弁護士へ相談を投稿できる
LINE上で手軽に弁護士へ相談を投稿できる

 19年11月18日、ヤフーとLINE経営統合の会見で両者は「日本・アジアから世界をリードするAI(人工知能)カンパニーになる」と宣言。会見前の本インタビューで舛田氏は、1to1サービスでは「質問者と回答者のマッチングにAIを使用する」と話す。この経営統合で、AIによるパーソナライズの精度が高まる可能性も秘めている。なぜ1to1サービスを強化するのか、その狙いと事業構想を聞いた。

1to1サービスを強化する理由を教えてください

大きく2つあります。1つ目が「人と情報との出合い」。この20年くらいでパラダイムがどんどん変わってきました。インターネットが登場し、サイトの数が爆発的に増えたことで、Googleなど検索サイトができた。その後SNSが登場したことで、情報の価値はページではなく“人”に寄ってきました。フォローする文化が生まれ、自分の知りたい情報を持っている人から情報を得るようになってきています。

 また、一昔前は「ググる」ことで情報を得ていましたが、これは検索が正確である、ネットの情報がすべてであることを前提にしたもの。DeNAが運営していたキュレーションサイトWELQが、虚偽情報を掲載していた問題などもあり、ネット情報の信頼性が担保されにくくなったことも、情報の価値が人に寄ってくることに拍車をかけました。

 人に聞いた方が早い、正しく知っている専門家に聞く方が近道だ。こういったニーズはパラダイム変化の中で必要になると思い、各領域の意見を、一定の信頼を担保した専門家から聞けるよう、サービスを始めました。このサービスでは、質問者と回答者をAIでパーソナライズし、マッチングさせることを目指します。

 2つ目は「LINE占いの経験」です。現在提供するトーク占いの前身であるLINE占いでは、悩みを相談すると、具体的なアドバイスと鑑定結果を12時間以内に受け取ることができました。さらに進化させるため、1to1でリアルタイムにチャットでやりとりすることで、まるで占師と話しているかのように事細かな悩みまで答えられるようにしたのがトーク占いです。カジュアルなトーク形式というインターフェースを使うことで、弁護士など専門家への相談ハードルを下げました。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>