※日経トレンディ 2019年12月号の記事を再構成

金融業界にメスを入れるべく、2019年8月末、農林中金バリューインベストメンツ(NVIC)と、“希代の軍師”森岡毅氏が率いるマーケティング精鋭集団「刀」が協業を発表した。9月にはファンド名を「おおぶね」と改称。荒波を乗り越えて、日本に長期投資を根付かせる秘策を森岡氏に聞いた。

「刀」代表取締役CEO 森岡 毅氏
「刀」代表取締役CEO 森岡 毅氏
“希代の軍師”。P&G、USJを経て、2017年に「刀」設立。「マーケティングで日本を元気に」を大義に、丸亀製麺復活、旧グリーンピア三木(現ネスタリゾート神戸)経営再建、西武園ゆうえんちリニューアル、沖縄北部テーマパークなどを推進

NVICのファンド名を「おおぶね」に改称。そこに込めた思いは?

森岡 毅氏(以下、森岡氏) 「大船に乗る」という言葉がありますが、何よりも安心感です。NVICの母体の農林中央金庫は、国内最大規模の機関投資家であり、海外では日本最大のヘッジファンドとして知られています。NVICも、個人投資家のために「脳から汗をかいて」情報を取り、誠実な商品を設計している。そこには安心感を醸す土壌がある。投資の世界に「絶対」はありませんが、NVICを活用している方は、多くの可能性の中から「自分が正しい選択をした」と納得されているはずです。資産形成の過程においては、この納得感こそ安心感の正体なのです。

NVICと刀は、共に日本に長期投資を根付かせるべく協業。9月に長期厳選ファンド名を「おおぶね」に改称した
NVICと刀は、共に日本に長期投資を根付かせるべく協業。9月に長期厳選ファンド名を「おおぶね」に改称した
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>