ビジネススーツのD2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)を展開するFABRIC TOKYO(東京・渋谷)が、「D2Cの次」と位置付ける新しいビジネスモデルを発表、その詳細を説明した。

新しいビジネスモデルについて説明するFABRIC TOKYOの森雄一郎代表取締役
新しいビジネスモデルについて説明するFABRIC TOKYOの森雄一郎代表取締役

 一度、店舗で採寸するだけで、次からは来店しなくても体形にフィットした好みのスーツやドレスシャツをネットオーダーできる。そんなビジネスを展開するFABRIC TOKYOの年間リピート率は業界平均を上回る44.5%だという。

 同社のビジネスを支えるのが、保有する10万件以上のデータだ。採寸したデータだけでなく、「サッカーが好き、野球が好きといった趣味の情報や、長めのジャケットが好き、タイトなスーツが好きといった嗜好の情報なども保有している」と森雄一郎代表取締役は語る。

 こうしたデータを生かして、“ライフスタイル”にもフィットする商品づくりを心がけているため、購入者の満足度が高くなるという。

 日本でも注目を集めるD2Cだが、米国ではD2Cからユニコーン(評価額が10億ドル以上の未上場企業)が誕生するなど、その存在感は日本の比ではない。森氏は、「FABRIC TOKYOも世の中にインパクトを与えられるようなブランドにしたい」と語る。

 その実現に欠かせないものとして、「D2Cの先」と位置付ける、新しいビジネスモデルについて森氏は、その詳細を明かした。

D2Cより先進的なビジネスモデルとは

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>