世界累計利用者数が5100万人を突破した人気ゲーム『モンスターストライク』(モンスト)を配信するミクシィ(2019年7月時点)。同社がゲームの開発・運営と併せて注力しているのがeスポーツだ。プロ向けや学生向けなど複数の大会を運営している。

ミクシィの執行役員で、ライブエクスペリエンス事業本部本部長 スポーツマーケティング室室長の田村征也氏。eスポーツ分野を含むライブエクスペリエンス事業などを統括する
ミクシィの執行役員で、ライブエクスペリエンス事業本部本部長 スポーツマーケティング室室長の田村征也氏。eスポーツ分野を含むライブエクスペリエンス事業などを統括する

 賞金総額1億円を懸けた「モンストグランプリ」、日本eスポーツ連合(JeSU)が発行するプロライセンスの保持者のみが参加できる「モンスターストライク プロフェッショナルズ」(モンスト プロツアー)、18歳未満および18歳の高校生のための「モンストジュニアグランプリ」――ミクシィが「XFLAG」(エックスフラッグ)ブランドの下で運営する『モンスト』のeスポーツ大会は、目的やレギュレーションに少しずつ差をつけながら、それぞれに地方予選や地方大会を開催している。大会を分ける理由や同社がeスポーツに取り組む狙い、スポンサーとの関係、今後の戦略などを、同社でeスポーツ分野を統括している田村征也氏に聞いた。

2019年7月に幕張メッセで開催された「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」決勝大会
2019年7月に幕張メッセで開催された「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」決勝大会

――まずはXFLAGで行っているeスポーツ大会の変遷をお聞かせください。

田村征也氏(以下、田村氏) 『モンスト』のeスポーツイベントを最初に行ったのは、15年のモンストグランプリからですね。その時はまだ賞金はありませんでした。賞金が出るようになったのは、翌16年に開催した「モンストグランプリ2016」からです。

 2年後の18年には、JeSUのプロライセンス制度が始まり、ライセンスを発行された8チームがプロチームとして活動するようになりました。19年7月に決勝大会が行われた「モンストグランプリ2019」の結果、4チームが新たにプロになり、現在は12チームに拡大しています。

――18年末には「グランプリ」とは別にプロチームのみが参加できる「プロツアー」を開始しました。

田村氏 「モンスト プロツアー2018」ですね。限られたチームでポイントを競う形式の大会はそれまでありませんでしたし、コンスタントに勝ち続ける難しさもあります。各チームは試合ごとではなく、ツアー全体として勝つ戦略を練っていているようでした。

モンスト プロツアーにはプロ認定を受けたチームのみが出場できる
モンスト プロツアーにはプロ認定を受けたチームのみが出場できる

 試合ごとにファンが勝敗予想をする企画を設けて、ファンの期待を背負っていることを各チームに感じてもらう仕掛けもしました。選手には重圧になりますが、期待は人気のバロメーターでもあるので、それは背負ってほしいんです。

 そうしたこともあってか、開始当初は不慣れだった運営やチームも誰もが“プロ然”としてきたと思います。「今池壁ドンズα」をはじめとする数チームにはファンもつき始めて、タレント化し始めています。19年には「らぶましーん」と「Cats」という2つのチームが合同イベントを開いたり、各チームに地方のイベントへの出演オファーが来たりと活動の幅も広がってきました。岩手県陸前高田市のイベントでは宮城県に拠点を置く「4Sleepers」が現地でゲスト解説をしました。

 プレーヤーやチームは、XFLAG支配下の選手ではないですし、(公正な試合をするためにも)一定距離を置くことは必要ですが、プロ選手のバリューを高めるためにも、協力できることはしていきたいと考えています。

 19年11月には「モンスト プロツアー 2019-2020」が始まりますが、前述のようにプロチームが4チーム増えて12チームになったので、その分、成果を出していきたいですね。

■変更履歴
19年に合同イベントを開いたチームが誤っていました。お詫びして訂正します。[2019/10/18 12:10]
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>