大塚製薬はドリンクタイプの栄養補助食品「カロリーメイト」に、新たに3種類のドリンクを加えた。名称は「カロリーメイト リキッド」。メーンターゲットは、知的作業への集中力が求められるビジネスパーソン。36年前にカロリーメイトを普及させた、対面での「商品説明」と「試飲」で着実な浸透を図る。

新発売の「カロリーメイト リキッド」の3タイプ。左から「カフェオレ味」、「フルーツミックス味」、「ヨーグルト味」。発売から3日目の時点で「消費者からも非常に好意的に受け止められている」(大塚製薬の広報担当者)という
新発売の「カロリーメイト リキッド」の3タイプ。左から「カフェオレ味」、「フルーツミックス味」、「ヨーグルト味」。発売から3日目の時点で「消費者からも非常に好意的に受け止められている」(大塚製薬の広報担当者)という

 10月7日、大塚製薬はドリンクタイプの栄養補助食品「カロリーメイト リキッド」を発売した。価格は1本200円(200ml、税別)で「カフェオレ味」「フルーツミックス味」「ヨーグルト味」の3種類。もともと、カロリーメイトブランドのドリンクタイプ(カロリーメイト缶)は「カフェオレ」「コーヒー」「ココア」「コーンスープ」の4つがあったが、今回の新商品と入れ替わり、販売を終了。根強い人気のあったカフェオレのみリニューアルされた。

 新商品のポイントは飲みやすい味にしたこと。そして、栄養面の強化だ。これまでタンパク質はカフェオレ味のみ10グラム入っており、他の商品は7.6グラムだったものが、3種類とも10グラムで統一された。また、1日に必要なビタミンの約半分を摂取できる。

生産性を高めたいというニーズに応える

 ドリンクタイプの新商品投入の背景には、朝食の代替手段として、飲むヨーグルトやスムージーなどが普及していることがあった。そうしたドリンクに対するカロリーメイトの強みはタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの5大栄養素をバランスよく摂取できることだ。ドリンクタイプの「カロリーメイト」があらためて、「社会的な健康課題解決に役立つ」(大塚製薬で「カロリーメイト」を担当するプロダクトマーケティングマネージャーの岩﨑央弥氏)と考えた。

 別の側面もある。カロリーメイトのドリンク缶はもともと、病院向けの濃厚流動食から開発されアスリートに支持された。それが働き方改革もあって今や「ビジネスパーソンは、短い時間でより高いパフォーマンスを求めている」(岩﨑氏)という時代の変化が生じている。アスリートのような集中力・持続力が今やビジネスパーソンにも必要になったというわけだ。

 大塚製薬によると大半のビジネスパーソンは朝食の重要性を理解するものの食事の時間が短く、栄養が炭水化物に偏りがち。そこで栄養を補助するために、ドリンクタイプを飲んでもらおうというのが大塚製薬の提案だ。つまり、ビジネスパーソンの朝がターゲットだ。