日本最大級のeスポーツリーグに成長した「RAGE」(レイジ)。2018年のイベントでは、会場来場者は3万5000人に、配信の視聴者は700万人に達した。協賛企業が増え、チケットの有料化にも乗り出した。着々とファンを増やす取り組み、企業が関心を持つ理由とは。

CyberZが手掛けるeスポーツイベント「RAGE」の総合プロデューサーを務める大友真吾氏
CyberZが手掛けるeスポーツイベント「RAGE」の総合プロデューサーを務める大友真吾氏

 日本最大級のeスポーツイベント「RAGE」(レイジ)。大会で扱ってきたタイトルは、
・サッカーゲーム『ウイニングイレブン 2017』(コナミデジタルエンタテインメント)
・対戦型オンライントレーディングカードゲーム『Shadowverse』(Cygames)
・格闘ゲーム『ストリートファイターⅤ』(カプコン)
・ストラテジーゲーム『ブロスタ』(フィンランドSupercell)
・アクションシューティングゲーム『スプラトゥーン2』(任天堂)
・対戦アクションゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』(任天堂)
・バトルロイヤルゲーム『PUBG MOBILE』(韓国PUBG Corporation)
など多種多様だ。また、トーナメント形式の大会以外に、プロ選手が一定期間戦うプロリーグを展開している。

RAGE Shadowverse 2019 Autumnの様子
RAGE Shadowverse 2019 Autumnの様子

 現状、eスポーツイベントの多くはゲームメーカーなどのIPホルダーが主催しており、CyberZ(東京・渋谷)のようにイベンターとして企画、運営する企業は少ない。これらの企業は、ゲームのプロモーションという側面を持つIPホルダーと違い、興行で収益を得なくてはならない分、観客やスポンサーなどを含めたビジネスモデルの確立やマネタイズが重要な課題となる。

 CyberZでRAGEの総合プロデューサーとして数々のイベントを企画・運営してきた大友真吾氏に、同社の戦略と興行としてのeスポーツの現状を聞いた。

――まずはCyberZがRAGEを始めた経緯を教えてください。

大友真吾氏(以下、大友氏): CyberZが開催するeスポーツイベントのブランドとして「RAGE」という名称を使ったのは2015年末からです。新しいスポーツエンターテインメント産業を作ることを目的に立ち上げました。現在は、エイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日と協業で運営しています。

 もともとは、当社が運営しているゲームに特化したライブ配信プラットフォーム「OPENREC.tv」の規模拡大のために始めました。海外でeスポーツの人気が高まってきたことを受け、人気ゲーム『League of Legends』の国内プロリーグ「LJL」(League of Legends Japan League)などのイベントをOPENREC.tvでも配信しようということになったんです。ただ、当時、eスポーツイベントの配信プラットフォームとしてはYouTubeやニコニコ動画、Twitchなどがメインで、手掛けられたのはサイマル配信。サイマル配信だと他で先に見られてしまうこともあって、あまり視聴者数を得られませんでした。

ゲームに特化したライブ配信プラットフォーム「OPENREC.tv」
ゲームに特化したライブ配信プラットフォーム「OPENREC.tv」

 それならば、自分たちで日本一のeスポーツブランドを立ち上げようと、イベントの企画・運営にシフトしていきました。日本ではeスポーツイベントの企画・運営を手掛ける会社は少なかったので、黎明(れいめい)期からブランドを育てていけば、いずれ海外のような規模になったとき、優位に立てると考えていました。

――現在、RAGEではどんなイベントがありますか。

大友氏: 大きく分けて3種類あります。1つは誰でも参加できるオープン型の大会で、「RAGE Shadowverse」や「RAGE ブロスタ 日本一決定戦」が代表的です。

誰でも参加できる「RAGE Shadowverse 2019 Winter」の予選には6000人が参加。近年は女性も増えてきたという
誰でも参加できる「RAGE Shadowverse 2019 Winter」の予選には6000人が参加。近年は女性も増えてきたという

 もう1つは複合型のイベント。「RAGE Shadowverse」の決勝やバトルロイヤルゲーム『PUBG MOBILE』のエキシビションマッチ、バーチャルYouTuber(VTuber)のグランプリなど、さまざまなイベントを組み合わせています。eスポーツの裾野を広げるために、eスポーツに興味を持ってもらうきっかけを作ることが目的です。

 最後がプロリーグ。代表的なのは18年から始めた「RAGE Shadowverse Pro League」です。日本テレビ、KDDI(au)、おやつカンパニー(津市)、吉本興業、サッポロビールといった企業が協賛・運営するチームが参戦しています。19年からは読売新聞東京本社、福岡ソフトバンクホークスも加わりました。

 『SFV AE』のプロリーグも「ストリートファイターリーグ powered by RAGE」として展開しています。これは、プロプレーヤーと若手強豪プレーヤー、初級者プレーヤーが3人1組で戦うリーグ戦です。

「RAGE Shadowverse Pro League」はスマホ向けカードゲーム『シャドウバース』のプロチームが戦うプロリーグ
「RAGE Shadowverse Pro League」はスマホ向けカードゲーム『シャドウバース』のプロチームが戦うプロリーグ
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>