プレー中のときど選手。国内外の大会をロゴ入りのウエアで転戦する

ロート製薬はときど選手と契約 顧客見ればeスポーツ参入は当然

2019年10月08日
  • ロート製薬がスポンサー契約を結んだときど選手は、格闘ゲームで国内外に知られるプロゲーマー。eスポーツ全般においても一、二を争う知名度を誇る。ロート製薬のほか、ソニー・ミュージックエンタテインメント、大塚食品などともスポンサー契約を締結している
  • 試合用のウエアの背中には「ROHTO Z!」、胸には「OXY」のロゴが入る
  • ときど選手は、ロート製薬とのスポンサー契約をTwitterでファンに報告。国内外のファンからお祝いのコメントが寄せられた
  • プレー中のときど選手。国内外の大会をロゴ入りのウエアで転戦する
  • 実は製薬会社で初めて公式バーチャルYouTuber(VTuber)を作ったのもロート製薬。「根羽清ココロ」はスキンケア製品開発部兼広報・CSV推進部の社員として商品などをアピールする。Twitterのフォロワーは1万人以上、YouTubeのチャンネル登録者数は2万人以上いる
  • 自身もゲーマーだというロート製薬メディア&プロモーション部の副部長兼ブランド&コミュニケーション戦略Gの墨田康男氏。「eスポーツって、言ってみれば『若者の自己表現の場』。だからこそ、ぜひとも応援していきたい」と話す