1万5000人が登録する花のサブスクリプションサービス「Bloomee LIFE」を提供するCrunch Style(東京・品川)は、早ければ2019年内にもパーソナライズ機能を加える。会員向けアプリで届いた花の評価を取得し、嗜好に合った花を提供する。開発資金として、19年8月に3億円の第三者割当増資を実施した。

毎週または隔週小さなブーケがポストに届く。花が潰れないよう、箱も改良を重ねる
毎週または隔週小さなブーケがポストに届く。花が潰れないよう、箱も改良を重ねる

 Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)は、日本初の花のサブスクリプションサービス。ネットから申し込むと、毎週または隔週、季節に合ったブーケが届く。プランは500円、800円、1200円(税別、別途送料)の3種類だ。16年のサービス開始から3年で、会員数は1万5000人を突破。さらに継続期間は1年半以上の人も多く、高い継続率を誇る。パーソナライズの強化で会員基盤を強固にし、損益分岐点である会員数3万人を目指す。

3つのプランから選ぶことができる。登録者数が多いのは「体験プラン」
3つのプランから選ぶことができる。登録者数が多いのは「体験プラン」

 19年9月時点で、全国約100店舗の生花店がサービスに参加。各店舗からランダムに花が届く。店舗によってブーケのデザインの志向性が異なり、リッチなデザインが得意な店舗もあれば、素朴なデザインが得意な店舗もある。知らなかった花が届いたり、新しい組み合わせを発見できたりする点が魅力的なサービスだろう。

 だが、その一方で継続期間が長期化すると、「好きな生花店から届かない、好みじゃない花が届いたなど、嗜好性の違いを理由とした退会が増え始める」とCrunch Style CEO(最高経営責任者)の武井亮太氏は話す。サブスクリプション事業において、最も重要なKPI(重要業績評価指標)は継続率だ。退会を食い止めるために、さまざまな手立てを講じることで、顧客基盤を強固にし、安定的な収益を得ることが事業の成長につながる。

 そこで、Crunch Styleはユーザーの嗜好性に合わせた花を届ける、パーソナライズ化を強化する。嗜好性の違いが退会理由であれば、顧客ごとの好みに合わせた花を届ければ、退会率を下げられると考えたわけだ。パーソナライズには、これまでの事業で蓄えたブーケのデータを活用する。

ブーケのデータベースを独自で開発

 同社がサービスに参加する生花店から顧客に配送するブーケの種類は、毎週150通りに及ぶ。各店舗から配送前にブーケの写真、使用した花の種類などを管理画面から登録してもらう。もともとはサービスの規定通りブーケが送られているのかを確認するための仕組みだったが、データを破棄せずに蓄積していた。これまでに8000通りのブーケのデータがたまっているという。

 「図鑑などで花単体の情報はあるが、花束やブーケのように組み合わせになると途端にデータが無い」(武井氏)ところに目を付けた。このブーケのデータベースと顧客から取得したブーケに対する評価を組み合わせて、パーソナライズする。

 現在、テスト的に一部のユーザーに対してブーケが届いた後にネットを通じたアンケートを実施し、色味や雰囲気、好きな花など、ブーケに対する評価を取得している。これらのデータからユーザーの好みをリッチやナチュラル、フレッシュなど8パターンに分類。各パターンのブーケ作りを得意とする店舗を中心に、配送できるように手配している。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>