歴史あるパズルゲーム『ぷよぷよ』も、人気のeスポーツ競技の1つ。認定プロが次々登場し、2019年10月に茨城県で開催される第74回国民体育大会(以下、茨城国体)の文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」では、競技タイトルの1つにも選ばれた。セガゲームス eスポーツ推進室長 宮崎浩幸氏に、同社のeスポーツへの取り組みを聞いた。

『ぷよぷよeスポーツ』(C)SEGA
『ぷよぷよeスポーツ』(C)SEGA

――セガゲームスでは、eスポーツに特化したゲーム『ぷよぷよeスポーツ』を使い、「ぷよぷよチャンピオンシップ」「ぷよぷよカップ」といったeスポーツ大会を開催しています。大会を始めた理由は何でしょう。

宮崎浩幸氏(以下、宮崎氏): セガゲームスが公式で開催しているのは、「ぷよぷよチャンピオンシップ」と「ぷよぷよカップ」の2つの大会です。

 公式大会の目的は、競技性を備えた対戦パズルという「ぷよぷよ」の特性を認知してもらい、幅広い層のお客様に楽しんでいただくことです。企業の立場からは、それが自社のIP(ゲームやキャラクターなどの知的財産)の価値を高めることにつながると期待しています。

 公式大会のうち、ぷよぷよチャンピオンシップは、プロ選手のみが出場できるポイント制の大会です。18年は年間を通じた獲得ポイントが高い上位8人がファイナルに出場し、シーズンチャンピオンを決定しました。

茨城国体の文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」では、「小学生の部」「一般の部」(12歳以上)に分けて全国で予選を行った
茨城国体の文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」では、「小学生の部」「一般の部」(12歳以上)に分けて全国で予選を行った

 かたやぷよぷよカップは、プロ・アマ問わず、誰でも参加できるオープン大会です。アマチュア選手は、ここでベスト4以上になるとプロライセンスを得られます。ただし、ぷよぷよカップにはプロ選手も参加しますから、プロ選手を何人か倒さないとベスト4までは上がれません。プロ選手になるのは簡単ではありません。

 ぷよぷよカップを開催しているのは、プロが固定化することで、『ぷよぷよeスポーツ』がこれまであったぷよぷよのコミュニティーから乖離(かいり)してしまうのを避けるためです。ぷよぷよは歴史がありますし、全国にはつわものがたくさんいます。この人たちがプロや公式大会を一つの目標とすることで、「ぷよぷよ」というIPがさらに活性化すると思います。

――公式以外にもぷよぷよの大会は開かれていますね。

宮崎氏: 『ぷよぷよ』は、昔からユーザーによるコミュニティー活動が活発で、特に地方では、これらコミュニティーの力なくして大会は開けないほどです。ですから、『ぷよぷよeスポーツ』の大会開催に当たって必要な許諾手続きは、他のeスポーツタイトルに比べるとかなり簡単にしているつもりです。

 また、コミュニティーベースの大会の参加人数、規模によっては、公式大会同様にポイントが付与できるようにもしています。このため、地方の大会にプロ選手が参加することもあり、それが地方や地域の活性化につながっています。

 加えて、19年は茨城国体の文化プログラムとしても『ぷよぷよ』の大会が開催されることになりました。これは日本eスポーツ連合(JeSU)と、茨城県の「いきいき茨城ゆめ国体/いきいき茨城ゆめ大会実行委員会」が主催するものです。公式大会は、集客の観点から大都市圏、特に東京での開催がどうしても多くなってしまう。一方、国体では全国で予選を実施しました。セガゲームスとしては主催ではなく運営協力の立場でしたが、コミュニティーの活性化という意味でもIPの価値を高めるという意味でも大きな成果があったと考えています。イオンモールさんの協力を得て、同社の施設を使わせてもらったので、地域的な差も抑えられました。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>