※日経トレンディ 2019年10月号の記事を再構成

欧米に比べて創薬分野への投資額が少ないといわれる日本では、ベンチャーの存在感はまだ小さい。だが、そんななかでも、独自のアイデアで世界に戦いを挑んでいるベンチャーがある。未来を変える可能性を秘める気鋭の創薬AIベンチャー3社の取り組みを追った。

 さまざまな業界で大変革を起こしているAI(人工知能)の技術が、創薬の仕組みをも大きく変えようとしている。今回取り上げる国内ベンチャー3社は、どこも独自技術や斬新なアイデアに強みを持つ。オプジーボに代表される高分子の抗体医薬品だけでなく、実は“枯れた技術”と見られていた低分子薬にも革新を起こす可能性がある。

 AI導入の最大のメリットは、従来は人間が行っていた薬のもととなる候補化合物を探し出す膨大な実験や作業の手間を、劇的に軽減できる可能性があることだ。通常、1つの医薬品を市場に出すまでには、約10年の歳月と1000億円以上もの莫大な開発費が必要とされ、最終的に販売までたどり着く成功確率も2万分の1程度といわれる。その新薬開発のサイクルを短縮し、さらには成功率を高めることで、結果的に開発コストの圧縮が期待されるのだ。

抗体医薬品の“種”をAIで高速探索

 なかでも製薬会社から注目を集め、VC(ベンチャーキャピタル)や大手企業も積極的に投資する日本発のスタートアップがある。慶応義塾大学先端生命科学研究所からスピンアウトして2013年に創業した、MOLCURE(モルキュア)だ。NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)が募集した16年度の「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」の1つとして採択されるなど、次世代のAIベンチャーとして産官学で注目を集める。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>