プラチナ万年筆が開発した万年筆「プロシオン」が販売目標の3割増の売れ行きを示している。5000円(税別)と万年筆では低価格帯ながら、上位機種並みの技術を盛り込んだ。その背景には10年間にもわたるマーケティング戦略があった。

「プロシオン」の本体(左)。ボディーカラーは5色あり、深海をイメージした「ディープシー」、白磁器をイメージした「ポーセリンホワイト」、マット感がありながらしっとりした触り心地の「ターコイズブルー」や「パーシモンオレンジ」、「シトロンイエロー」
「プロシオン」の本体(左)。ボディーカラーは5色あり、深海をイメージした「ディープシー」、白磁器をイメージした「ポーセリンホワイト」、マット感がありながらしっとりした触り心地の「ターコイズブルー」や「パーシモンオレンジ」、「シトロンイエロー」

 2019年6月に東京ビッグサイトで開催された「第30回 国際文具・紙製品展(ISOT)」で「第28回 日本文具大賞 2019」の機能部門グランプリを受賞したのが、プラチナ万年筆が開発した万年筆「プロシオン」だ。発売は2018年7月だが、その後は絶好調といえるほどの売れ行きを示している。5000円(税別)と万年筆では低価格帯ながらボディーはアルミ製とし、上位機種並みのさまざまな技術を盛り込んだ。企画部の山新田政秋サブマネジャーは「販売目標の3割増と好調な売り上げが続いている。文具大賞受賞後は月間販売本数が、それまでの3倍になった」と語る。

 注目されたポイントは主に2つ。1つは、新開発した大型五角絞りと呼ぶステンレス製のペン先だ。ステンレスでは難しいとされていた、金のペン先に近いしなやかな書き味を実現した。五角絞りの金のペン先は、同社が1962年に日本で初めて開発していた。プロシオンはその技術を受け継ぎ、ペン先を長くすることで硬いステンレスでもコシがあって金と同じように、しなるようにした。書き味は上位機種である金のペン先を持つ万年筆に近い。

 2つ目は、キャップをしたままの状態で、1年間使用しなくてもインクが蒸発せずにサラッと書ける「スリップシール機構」を低価格の商品に採用したこと。一般の万年筆は3~6カ月使用しないとインクが固まって書けなくなるが、同機構があれば固まらず、普通に使える。数万円する同社のロングセラーモデル「#3776センチュリー」で採用している機構を搭載した。

 この他、インクの吸入にも新技術を盛り込んだ。一般の万年筆はペン先の根元にインクの吸入口があるため、ペン先全体をインクに浸さないといけない。プロシオンではペン先の中央に吸入口を設けたペン芯を新設計したため、ペン先の中ほどまで浸せば吸入できる。「これにより吸入後、ペン先全体やその上の首軸までティッシュで拭き取る手間がなくなった」(柳迫隆司技術部長)。

コシがあり柔軟性に優れた五角絞りの大型ペン先。程よくしなることでステンレス製でありながら金のペン先のような書き心地を実現した
コシがあり柔軟性に優れた五角絞りの大型ペン先。程よくしなることでステンレス製でありながら金のペン先のような書き心地を実現した
コンバーターでインクを吸入する際のインク吸入口をペン先の中央に設けたためペン先を全部浸さなくても、十分にインクを吸入できる新設計のペン芯
コンバーターでインクを吸入する際のインク吸入口をペン先の中央に設けたためペン先を全部浸さなくても、十分にインクを吸入できる新設計のペン芯