ユニマット リタイアメント・コミュニティ(東京・港、ユニマットRC)は、自社で経営する介護施設でAI(人工知能)による業務効率化に着手。2019年7月から持ち物記録と空き部屋の予約管理を効率化する実証実験を開始した。19年内に本稼働し、20年中に全国のショートステイ事業所に展開する計画だ。

 介護事業大手のユニマットRCは、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、デイサービスなど、全国約300拠点で600を超えるサービス事業所を手掛けている。仕事や行事、体調不良などの理由で家族が介護できないときに短期で利用する介護サービスである「ショートステイ」では、全国140拠点以上で3000床以上を展開する最大手である。

 ユニマットRCは、AIによる業務効率化をマクニカ(横浜市)と共同で研究し、専用のアプリを開発してショートステイに適用する。まず2019年7月から、淵江ショートステイそよ風(東京・足立、30床)で施設利用者の持ち物記録に活用。同年8月からは、三河島ケアセンターそよ風(東京・荒川、20床)で、空き部屋の予約管理を効率化する実証実験を開始した。

自然言語処理と画像認識で「持ち物記録」を効率化

 「介護サービスは人手によるサービスが中心で、かつ、人材不足という実態があり、業務効率化が大きな課題となっていた。ところが従来、ITを導入して本気で効率化を図ろうという取り組みは少なかった。数年前から業務効率化の検討を進め、今回、現場にAIを導入し働きやすい環境を作ることにした。その第1弾が、ショートステイ利用者の持ち物記録である」(ユニマットRC事業統括本部の岡田旅人氏)

AIを活用した「持ち物記録」のサービスイメージ
AIを活用した「持ち物記録」のサービスイメージ
「持ち物記録」を実現する専用アプリの画面例
「持ち物記録」を実現する専用アプリの画面例

 持ち物記録は、入所時に持って来た所持品を確認する業務で、従来は担当者が1点ずつ写真を撮り、かつ、ペンで一覧表に記入していた。早い場合でも10~15分を要し、おおむね20~30分の時間がかかる作業だった。

 今回、専用アプリを搭載したスマートフォンを使って、持ち物を動画で撮影しながら、「パジャマ」「シャツ」というふうに声に出す作業に置き換えることで、作業をわずか数分間に短縮できた。持ち物リストは、音声からAIが自動で作成する。これにより、担当者がペンを持ち、机に座って一覧表に記入する作業はなくなった。

 AIの自然言語処理により、撮影した動画から発音を分析して持ち物の名称をテキスト化するとともに、動画から静止画を自動的に抽出して画像認識する。これにより、色と柄を見分けてあらかじめ定義した変換テーブルを参照して、色と柄の名称を自動で付与する仕組みである。その結果、「誰がやっても同じ分類になる」(岡田氏)という。

 施設利用者が退所する際には、AIが自動作成した記録リストを参照しながら持ち物を検査・確認することで、他人のものを持って帰るという間違いも減らせると見ている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>