次の改革のターゲットは金融業界だ。8月27日、マーケティング精鋭集団「刀」が、丸亀製麺に続く新たな提携を発表した。相手は、ファンドの農林中金バリューインベストメンツ(NVIC)。年金2000万円不足問題を皮切りに、ゆうちょ銀行やかんぽ生命の不適切販売など、相次いで表面化した金融業界の“闇”。分かりにくい金融に、消費者視点で切り込む協業だ。その狙いと挑戦を日経トレンディ編集長が独占取材した。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)をV字回復させた森岡毅氏が率いるマーケティング精鋭集団「刀」。2019年6月に丸亀製麺との協業の成果を明らかにしたばかりの同社が、金融業界にも進出していた。長期厳選投資の先駆者的存在であるファンドマネージャー、奥野一成氏が率いる農林中金バリューインベストメンツ(NVIC)とタッグを組んでいることを公表したのだ。

 森岡氏と奥野氏は、19年6月に掲載した2人の対談記事(森岡 毅×奥野一成対談【前編】 日本の金融商品が分かりにくいワケ)で表明したように、共に日本の金融業界を改革したいと考えている。奥野氏が資本主義社会を生き抜くために長期投資の必要性を訴えれば、森岡氏は旧態依然とした金融業界にこそ市場を戦略的に捉えるマーケティング意識が必要と説く。

 協業の概要は次の通りだ。NVICは一貫して長期厳選投資を追求。高付加価値、競争優位性、長期的な潮流の3つの観点から、「構造的に強靭な企業」を選び抜いて投資を募る。その実績の高さで注目が集まっており、最近は一般の個人投資家へも販売している。これに対して刀のミッションは、消費者の金融リテラシーを高めつつ、NVICのブランディングを通じて長期投資の意義を世に広めることだ。

 両者が目指すのは、「豊かに暮らし続ける」方法の確立。人口が減少する低成長時代において、豊かな人生を送るためには、各自が「資本主義社会のプレーヤー」となって企業を動かす側に立つことが肝要と言い、投資に消極的な日本人の思考に変革を促す。