日本でも広がりを見せるスコアリングサービスは、「信用スコア」と呼ばれることが多い。だが、そもそも信用スコアとは何なのだろうか。サービス提供から約2カ月で登録者数が200万人を突破した「LINE Score」を例に、サービスの実態に迫った。

スコアリングサービスが日本でも続々と登場している(写真/ShutterStock)
スコアリングサービスが日本でも続々と登場している(写真/ShutterStock)

 スコアリングサービスが日本でも相次いで登場している。先行する中国では、高得点を得るとビザの取得が容易になったり、ホテルなどでデポジットが不要になったりと、個人の“信用”を担保するのに利用する。これらは「信用スコア」と呼ばれ、生活の基盤になりつつあるようだ。

 日本では、LINEが運営する「LINE Score」や、ヤフーが運営する「Yahoo! スコア」、ソフトバンクとみずほ銀行の共同出資会社J.Score(Jスコア)が運営する「AIスコア」などがスコアリングサービスとして展開され、「信用スコア」と紹介されることが多い。点数を付けるのでスコアリングと呼ぶのは分かるが、日本で広がりつつあるスコアリングサービスは、中国のように本当に“信用”を担保するものなのだろうか。スコアリングサービスを提供するLINE、ヤフー、Jスコアの3社に聞いてみた。

「信用スコア」の明記なし

 驚くことに、3社とも信用スコアという表現はしていないと回答した。LINEは、スコアのことを「個人向けのスコアリングサービス」と記載している。その理由として「信用という言葉を使うと、不安が増したり人間を格付けしたりする意味合いになりかねない。LINE Scoreはあくまで、日常をちょっと豊かにすることをコンセプトにしているので、今後も信用スコアという言葉を使う予定はない」(LINE広報)と話す。2019年8月29日にリリースされた、「LINE Pocket Money」の紹介においても、“信用”スコアという言葉の記載はなかった。

 ヤフーは、スコア算出データに、ヤフオク!における取引実績や評価など「信用行動」を盛り込んでおり、「ここだけ切り取ると“信用”スコアと言えるが、他の要素が大きいため明示しない」(ヤフー広報)と話す。まだデータを取っている段階のため、スコアで得られる特典については発表していないが、「与信以外の特典が大きい。開始時期は未定だが、レストランやコンサートの先行予約、ヤフーショッピングでちょっとしたベネフィットが得られることを想定している」(ヤフー広報)と話し、金融や貸し付けに関しても未定だという。

 Jスコアは、信用スコアと明記はしていないものの、提供するスコアリングサービスを「お客様の可能性や信用力をスコア化したもの」と定義している。Jスコア担当者によると、「ビッグデータとAI(人工知能)を活用してお客様個人の信用力や可能性を数値化しているという観点からは信用スコアと呼ぶことができる」と話すが、今後明確に表記するかは未定。

 日本で広がりつつあるスコアリングサービスは各社三者三様だが、中国で普及している“信用”スコアと比べると、まだそうは言えないようだ。今後のサービス展開によっては、“信用”を担保するものになり得るかもしれない。

誰でも利用できるLINE Score

 3社の中で、最も後発なのが19年6月にサービスを開始したLINE Scoreだ。LINEプラットフォーム上での行動傾向データや、パーソナル情報のアンケートを基に、AIを活用してスコアを算出する。登録者数は200万人に達した(19年9月7日時点)。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>