競合サービスひしめく電子コミック市場。他社サービスに比べて公開作品数が1桁少なく広告も入れないのに、業績が右肩上がりなのが、韓国カカオの日本法人であるカカオジャパン(東京・港)が運営する「ピッコマ」だ。その秘密はユーザーに未知の漫画を薦める細かな仕掛けとデータ分析にあった。

電子コミックアプリ「ピッコマ」のトップ画面
電子コミックアプリ「ピッコマ」のトップ画面

 「未知の漫画と出合える場所を作りたい」――ピッコマを運営するカカオジャパンの金在龍社長は、取材中、その言葉を幾度も繰り返した。「ピッコマに電子コミックを読みに来る人の多くは、漫画が好きなわけではない。大概が暇潰し。それでも、いい作品を読んでほしい。そのためには売り方の仕組みを変えないとダメ」と熱弁を振るう。

 ピッコマは、2016年4月に立ち上がった電子コミックアプリ。ブラウザーベースの「めちゃコミック」(アムタス)や「Renta!」(パピレス)、アプリベースの「LINE マンガ」(LINE Digital Frontier)など競合が多く、既に“レッドオーシャン”と化した電子コミックサービスでも、最後発だ。

 公開する作品数は19年5月時点で6727。18年4月に比べると3.1倍になったものの、それでも大手に比べると1桁か2桁少ない。一般的に、作品数が少ないこと、中でも有名な作品が少ないことは、電子コミックサービスにとって不利。それでも業績は好調で、19年4月には1日当たりの売り上げが前年同期比2.7倍に、閲覧者数が同1.6倍に成長している。

ピッコマの業績は好調。18年4月と19年4月を比較すると1日当たりの売り上げは前年同期比2.7倍、閲覧者数は同1.6倍に成長している(出所/カカオジャパン)
ピッコマの業績は好調。18年4月と19年4月を比較すると1日当たりの売り上げは前年同期比2.7倍、閲覧者数は同1.6倍に成長している(出所/カカオジャパン)

 成長の裏にあるのは、限られた選択肢の中からユーザーに漫画を選ばせ、満足させ、継続的にサービスを利用させるための細やかなレコメンデーション戦略だ。「まずは読んでもらうこと。読めばハマるのだから」(金社長)

漫画を習慣づける「待てば0円」

 数ある施策の代表例が「待てば0円」。これは、対象作品であれば、24時間ごとに1話、無料で閲覧できる仕組み。最初の数話は無料で読めるため、「ユーザーは、知らない漫画でもまずは読んでみようと思う。それで面白いと感じれば、翌日また読みに来てくれる」(金社長)。ピッコマは月額制プランがなく、都度払いなので、待てば0円対象作品を、毎回24時間待って読んでいる限り、お金がかからない。

「待てば0円」対象作品。1話読むと、次の回が読めるのはきっかり24時間後
「待てば0円」対象作品。1話読むと、次の回が読めるのはきっかり24時間後

 一番の狙いは、ユーザーに毎日ピッコマにアクセスする習慣をつけさせることだ。「かつて週刊誌などで漫画を楽しんだ世代と違い、今の人は漫画を読む習慣自体がない」と金社長。だが、同社の調査では、漫画を日常的に読む人ほど、通勤通学中や食事中など、ちょっとした隙間時間を見つけて漫画を楽しんでいる。「まずは漫画を読むことを習慣にしてもらいたい」(金社長)

 忘れずにピッコマにアクセスしてもらうために活用しているのが、アプリの通知機能だ。次の回が読める時間になると、スマホに通知が届く。「ユーザーにとってはタイマー代わりだから、通知をオフにしている人は少ない」(金社長)。

 こうして毎日漫画を読むうちに、ピッコマを開くこと、漫画を読むことが生活の一部になる。「いずれかの漫画にハマれば、24時間が待ちきれず、課金してくれる。さらには『もっと面白い漫画はないかな』という気持ちにもなってくれる」(金社長)。試し読み、定期的な閲覧、課金というサイクルが回り始めるというわけだ。

前話を読んでから24時間たつと、「チャージされました」という通知が届く
前話を読んでから24時間たつと、「チャージされました」という通知が届く
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>