※日経トレンディ 2019年9月号の記事を再構成

大学経営に乗り出した永守重信氏へのインタビュー後編。今後のビジョンを尋ねると、滔々(とうとう)と語り始めた。付属中学、高校を開設し、ビジネススクールでは塾長を務める。ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長にも講師就任を要請するつもりだ。

前編はこちら
永守重信氏
永守重信氏
1944年京都府生まれ。73年に28歳で日本電産を創業し、1代で世界一の総合モーターメーカーに育て上げた。2018年3月、学校法人京都学園理事長に就任。19年4月から法人名変更に伴い学校法人永守学園理事長。日本電産会長兼CEO(最高経営責任者)を兼務する

 大学経営に際し、永守氏は既に50年間の長期計画を立てている。その計画の一端として「京都先端科学大学付属の中学・高校をつくる」ことも視野に入れていると明かした。

 「一からやるのは大変だから、既存の中学・高校をグループに取り込んだ方が早いかもしれない。いい先生を集めたら、学校は変わる。意識を変えて、夢を持った人を集めて、一緒にやっていく」

 青写真は既に描いている。中学校から徹底的に「しゃべる英語」に触れ、工学に興味のある生徒には高校からモーターの基礎を教え込む。「中学と高校ができれば、大学の学部が大学院みたいになる。いわば、飛び級で、若く優秀な人を出していける」。

 大学では、医学部の設立も目指す。「なかなか許可が下りないというけど、簡単に諦めたらいけない」。近いうちにビジネススクールも開校するつもりだ。既に受講希望の申し込みが、ひっきりなしに届いているという。

 「世の中、経営が分かる人なんてほとんどいない。だから、ビジネススクールの塾長は僕がやる。夜学で社会人を教える。講師陣には孫(正義)さん、柳井(正)さんとか、一流の企業人に加わってもらう」。経営者の誰もが憧れる永守氏の言うことだけに、実現する可能性は高い。

「貧乏人は生涯貧乏ではない」

 永守氏を教育へと駆り立てる原点は、貧しい家庭で育った経験にある。「長兄から中学を出たら働けよと言われていた。しかし、先生は、せめて工業高校に行かせてあげたらどうですかって何回も言ってくれた。僕の場合は、早くにおやじを亡くしたから。高校の担任の先生も、君は勉強がよくできるし、学費の要らない大学に行ったらどうかと言ってくれた。受験勉強はしたことがない、塾も関係ない、浪人をしたこともない。国のお金で社会に出られた」。

 だからこそ思う。「いい教育に巡り合えたら、人って変わるんですよ。貧しい家庭だから、一流大学に行けなかったから、そんなことは人生に関係ない。松下幸之助や本田宗一郎を見てみなさいと僕の母は言った。貧乏人は生涯貧乏か。そんなことはない。米国にはアメリカンドリームがある。僕だって、つい46年前に自宅で従業員3人とつくった会社が、ここまで大きくなったんだから」。

 だから、学生には心置き無く学べる環境を整えてあげたいと考える。「貧しい家庭の学生には、アルバイトをしなくてもいいぐらいお金を出す。学費を全額無料にするぐらいでは駄目だ。本当に優秀な学生なら、年間300万円ぐらい出していい」と明言する。

亀岡キャンパスは甲子園球場5.5個分の広さがある
亀岡キャンパスは甲子園球場5.5個分の広さがある