※日経トレンディ 2019年9月号の記事を再構成

1973年に日本電産を創業し、1代で世界ナンバーワンの総合モーターメーカーに育てた、カリスマ経営者永守重信氏。自らを育んだ京都で巨額の私財をなげうち、大学経営へと乗り出した。買収した企業をすべて再建させてきた最強の経営術で、凝り固まった大学の序列に風穴を開ける。その決意を聞いた。

永守重信氏
永守重信氏
1944年京都府生まれ。73年に28歳で日本電産を創業し、1代で世界一の総合モーターメーカーに育て上げた。2018年3月、学校法人京都学園理事長に就任。19年4月から法人名変更に伴い学校法人永守学園理事長。日本電産会長兼CEO(最高経営責任者)を兼務する

 平安朝の十二ひとえをまとった女性が、畳の間でリズミカルに舞い踊る。琴の音に乗せたロボットダンスを──。

 千年の古都で革新を起こす。そんな決意を込めたテレビCMを2019年夏、大々的に放映したのは、京都先端科学大学。18年度まで京都学園大学という名称だった。受験界では長らく“Fランク”に分類されていた、さえない大学が一躍、関西の台風の目に躍り出た。

 19年入試では、志願者数が前年比で160%と急増。20年には工学部を新設し、さらに倍増を狙う。快進撃へと導く“総帥”は永守重信氏。日経ビジネスの「社長が選ぶベスト社長」にも選出された、誰もが憧れるカリスマ経営者だ。世界43カ国にグループ企業を持ち、連結の従業員数は10万人超。日本電産を28歳で創業し、1代で世界一の総合モーターメーカーに育て上げた。その永守氏が「全私財をなげうってもいい」と自ら理事長に就任し、本気で大学経営に乗り出した。

2019年4月に京都学園大学から改名した。京都市の太秦キャンパスに20年、工学部が新設される
2019年4月に京都学園大学から改名した。京都市の太秦キャンパスに20年、工学部が新設される

あみだくじに1本線が入る

 19年4月3日、京都市のみやこめっせに、京都先端科学大学の“1期生”が顔をそろえた。入学式に臨んだ永守氏は、いきなり永守節をさく裂させた。

 「君ら、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)に落ちてきたんだろう。しかし、今日は人生にとってものすごくいい日だ。なぜならば、この大学に入ったことで、君らの将来の人生は大きく変わる。あのときよく落ちたなと思うときが来るぞ。あみだくじに1本線が入ったんだ」

 7~8分で終える予定が、30分の独演会になった。例えるなら、それは魔法。開式前、硬い表情をしていた新入生たちが、見る見る前のめりになり、訓示に聞き入った。新たな大学校歌が発表され、オペラ歌手が高らかに歌い上げる。もうFランクとは言わせない。全く違う大学へと変貌を遂げた。そう思わせるのに十分な入学式だった。みやこめっせといえば、京都大学が毎年、入学式に使う。永守氏はあえて京大の2日前にこの会場を押さえた。明確なメッセージを発信するためだ。

 「この大学は関関同立が目標ですかって言う人がいる。いや、僕は京大を抜くと言っている。偏差値で抜くのは100年かかる。だけど、世界には大学ランキングというのがある。これで100位以内に入っているのは、日本では東大と京大だけ。101位から200位の間には存在しない。だから、まずは199位までに入ろうと。それで日本3位になる」。まさに、これから史上最大の下克上を成し遂げようとしているのだ。