コンセプトは「ロールプレイングトリップ」。AR(拡張現実)と謎キャラ、コスプレを組み合わせた奇抜な体験型ゲームが、2019年7月20日に登場した。仕掛けたのは、人口2万人に満たない静岡県森町。お披露目の場に選んだのは、代官山だった。地元ではなく、あえて東京から発信したのはなぜか。

斬新なプロモーションに打って出た静岡県森町の関係者。キャラクターの名は「コモコモ」という
斬新なプロモーションに打って出た静岡県森町の関係者。キャラクターの名は「コモコモ」という

 魔法使いに戦士、妖精、勇者ならぬ「遊者」──。2019年7月、東京・代官山のカフェに、ファンタジーから飛び出したような一行が現れた。脇を固めるのは、毛むくじゃらの謎のキャラ。実は、地方自治体のプロモーションだった。

 魔法使いの正体は、静岡県西部に位置する森町の太田康雄町長。町の施設「アクティ森」で「ロールプレイングトリップ」を始めるに当たり、東京までトップセールスに出向いたのだ。

魔法使いに扮(ふん)した太田康雄町長
魔法使いに扮(ふん)した太田康雄町長

 売り込んだのは、専用のAR(拡張現実)アプリを使ったスタンプラリー。そのメインキャラクターが、先ほどの謎キャラである。森町の菰張山(こもはりやま)にちなみ、コモコモとネーミングした。

 参加は無料。アプリの地図を見ながら散策し、アクティ森内に隠された「マーカー(標識)」を探す。マーカーをカメラで読み取ると、アプリ上にコモコモが現れ、「友達になる」をタップすると、コモコモのスタンプがもらえる仕組みだ。マーカーは、いくつも隠されており、1時間ほどで回収できる。親子で、友人同士で、宝探し感覚で楽しめる。

 他のARゲームと一味違うのは、コスプレの要素を加えたこと。遊者の衣装を有料で借りてコモコモを探しに行くと、より多くのスタンプを獲得できる。コスチュームのある部分にスマホをかざすと、コモコモが出現する仕掛けだ。コモコモを多数集めれば、森町産のヒノキの間伐材を使ったオリジナルコースター「遊者のメダル」がもらえる。

Wi-Fiを整備、ストーリーまで創作した理由

 「ポケモンGO」「ハリーポッター:魔法同盟」など、世界中をフィールドにしたARゲームと比べ、森町の舞台はアクティ森という狭い世界に過ぎない。しかし、このためだけに会場全域に無料Wi-Fiを整備し、以下の通りRPG(ロールプレイングゲーム)風のストーリーまで創作した。

 「遠いとおいむかーし、この森には謎の生き物がいたそうじゃ。”コモコモ”と呼ばれるその生き物は、森に棲(す)む妖精やエルフ、そして人間とも仲良く遊んでいた。しかし、いつしか人びとはシゴトに追われ、楽しく遊ぶことを忘れてしまい……、棲みにくくなったコモコモたちは、石があふれる池の中に身を潜めていったと言われておる。人びとが遊ばなくなってしまったこの森は、今はひっそりじゃ……。ところが、最近“コモコモ”といっしょに遊んだ者がいるという。「スマホ」という現代の鏡をアソビゴコロで覗くと、その姿が見えるらしいのじゃ!アソビに満ちたユーモアの森に戻すため、日本中にいる遊者のアソビゴコロをもって、森で“コモコモ” を探し出して欲しい!」(原文ママ)

 繰り返すが、森町にこんな言い伝えはない。森町だけに「ユーモアな森で、現代人が忘れかけている遊び心を取り戻してほしい」と太田氏は説く。都会で暮らすファミリー、若者にもささるキーワードとして打ち出したのが、「遊び心」だった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>