中国深センと米サンフランシスコで数々のハードウエアスタートアップを支援してきたアクセラレータープログラム「HAX」がついに日本上陸。住友商事やSCSKと組んで、「HAX Tokyo」が始動した。なぜ今、東京に上陸したのか、日本のスタートアップ市場をどう見るのか、HAX生みの親を直撃した。

HAXを運営するSOSVの創業者でマネージング・ジェネラルパートナーのSean O’Sullivan(ショーン・オサリバン)氏(左)と、SOSVのジェネラルパートナーでHAXを設立したCyril Ebersweiler(シリル・エバースヴァイラー)氏(右)
HAXを運営するSOSVの創業者でマネージング・ジェネラルパートナーのSean O’Sullivan(ショーン・オサリバン)氏(左)と、SOSVのジェネラルパートナーでHAXを設立したCyril Ebersweiler(シリル・エバースヴァイラー)氏(右)

 「HAX」は、米プリンストンに本社を構えるSOSV Investmentsが展開するスタートアップ向けのアクセラレータープログラム。アクセラレーターとは、スタートアップ企業を募集し、事業の創出などを加速させる事業のことで、同社はライフサイエンスや食品技術、ITなど、複数の分野で支援プログラムを運営している。中でもHAXは、ハードウエアに特化しているのが特徴だ。

STEM(科学・技術・工学・数学)教育用のロボットキットを日本でも販売している中国Makeblockは、HAXの支援を受けた企業の1つ
STEM(科学・技術・工学・数学)教育用のロボットキットを日本でも販売している中国Makeblockは、HAXの支援を受けた企業の1つ

 従来HAXは、年間約9回のアクセラレータープログラムを実施。1500~2000社の応募の中から40~50社を採択し、1社当たり約25万ドル(約2500万円)を投資する。プログラムは2部構成で、中国の深センで4~8カ月間、プロトタイプ作りや量産計画の策定などを行う「ステージ1」と、米国のサンフランシスコで資金調達や市場開拓を行う「ステージ2」で構成。今回追加される東京でのプログラム「HAX Tokyo」は、「ステージ0」という位置付けで、技術コンセプトやビジネスモデル確立を支援し、深センで行われるステージ1に送り込むことを目的とする。

 第1期のスタートアップの募集は専用サイトで9月6日まで行われており、11月にはプログラムがスタートする予定。プログラム採択企業は、住友商事が運営するオープンイノベーション施設「MIRAI LAB PALETTE」(東京・大手町)をオフィスとして利用でき、ハードウエアスタートアップに精通したメンター陣もサポートに付く。

HAX Tokyoでは、MIRAI LAB PALETTEをオフィスとして提供。同施設では、ピッチイベントなども開催
HAX Tokyoでは、MIRAI LAB PALETTEをオフィスとして提供。同施設では、ピッチイベントなども開催

 海外から続々とアクセラレーターやVC(ベンチャーキャピタル)が日本へ上陸するなか、後発として、またあえてハードウエアに特化したプログラムで東京へ上陸したのはなぜか。そして日本のスタートアップに何を期待するのか、HAXを運営するSOSV創業者でマネージング・ジェネラルパートナーのSean O’Sullivan(ショーン・オサリバン)氏と、同じくジェネラルパートナーでHAXを設立したCyril Ebersweiler(シリル・エバースヴァイラー)氏に聞いた。

「ハードウエアスタートアップ支援は不足している」

Q なぜ今、「東京」に上陸したのか。

ショーン・オサリバン氏(以下、オサリバン):これまで約200社のハードウエアスタートアップを支援してきた。大多数は、企業価値で10ミリオンドル(約10億円)を超え、5、6社は100ミリオンドル(約100億円)を超える規模にまで成長を遂げている。だが実は、この中に日本に拠点を置くスタートアップは1社しかない。

 東京といえば世界有数の都市であり、日本は経済大国でもある。テクノロジーやハードウエアといえば、日本のお家芸でエンジニアリングにもたけていると私は考えている。このような“土壌”があるのに、現状では日本から世界に出てくるスタートアップは極めて少ない。単純にもっと出てきてもおかしくないと思った。だからこそ、スタートアップに挑戦しようとしている次世代の若者たちのメンターとして、後押しをしたいと考えた。

Q なぜ、世界的に成功するスタートアップが日本からは生まれにくいのか。

オサリバン:話は遡るが、1980年代に私が大学生だった頃、卒業をしたら多国籍の著名企業で働くだろうと漠然と思っていた。だが、キャンパスには当時としては珍しいスタートアップのインキュベーション施設があり、見回すと起業をしている同年代もいた。「自分でもできるのでは」と思ったことから、起業の道を選んだ。起業が特別なものではないと感じられるかどうかが重要だ。その半面、日本では起業をする若者を見るようにはなったがまだまだ少数。加えて、「失敗してはいけないんじゃないか」という恐れが、日本では根強くあると感じる。これが一番大きな障壁になっているのではないか。当然、一歩を踏み出すことは怖いことだが、先に歩いてきた経験を伝えることで、若い起業家を支援していきたい。

オサリバン氏は、20代後半でデジタル地図企業「Mapinfo」をIPO。投資家としても有名
オサリバン氏は、20代後半でデジタル地図企業「Mapinfo」をIPO。投資家としても有名

Q 海外からアクセラレーターやVCが続々と日本に上陸し、国内の大企業も投資や協業に乗り出し始めるなど、スタートアップ支援が活発化している。現状の日本市場をどう捉えているか。

シリル・エバースヴァイラー氏(以下、エバースヴァイラー):アクセラレーターやVCによるスタートアップ支援の日本における市場規模は、年率数十%程度で伸びているという調査がある。非常に盛り上がっているのは事実だ。だが、グローバルの視点で見ると規模はまだ小さく、その分、成長余地がある。私は15年前に日本に住んでいたが、その時の状況とは劇的に変わっており、起業しやすい環境が整いつつある。一方、日本の大企業が米国で投資ファンドを立ち上げたり、ファンドへの出資を拡大したりするなど、世界のスタートアップ市場における日本企業のプレゼンスも上がってきている。

オサリバン:ただ、日本ではまだ支援に「溝」がある。アクセラレーターやVCは多く資金も増えているが、その多くがソフトウエアやサービス領域を中心とするもの。一方で、VCなどに資金を拠出したりスタートアップとの協業を積極的に考えたりするメーカーなどの大企業は、日本ではハードウエアが中心だ。ハードウエア領域では、まだスタートアップの支援が足りていない。

プロトタイピングを超高速かつ低コストで

Q 製品開発の期間が長くなりがちで、調達の問題もあるハードウエアスタートアップ。「Hardware is hard」と呼ばれるように、成功するのは難しいというのが一般的な認識だと思うが。

エバースヴァイラー:まさにその通り。世界的に見てもハードウエアでの事業化は極めて難しい。SOSVも当然、多くの失敗をしてきた。世界中のどのアクセラレーターよりも、失敗事例が多いのではないだろうか。だが、あらゆるものがデジタル対応をしていく中、ソフトウエアだけではイノベーションは起こせない。ハードウエアまで含めて開発することがより重要になってくる。

 その点で現在、最速でハードウエアづくりを学べ、かつ革新を起こせる環境が整っているのが中国の深センだ。深センは、モノ作りのロングテールと言うべき、ニッチながらユニークな技術を持つ小さな企業が集結。大企業のエコシステムを支えている。HAX深センのプログラムでは、プロトタイピングと研究開発を高速で推進。ハードウエアに特化したスタッフも充実している。

HAX深センの拠点。米国や中国の起業家が集う。プロトタイプを安価に、そしてすばやく製造できるのが利点
HAX深センの拠点。米国や中国の起業家が集う。プロトタイプを安価に、そしてすばやく製造できるのが利点

 その後は、米国のHAXサンフランシスコで、資金調達やビジネス化の支援を行う。プロトタイピングは深セン、ビジネス化はサンフランシスコなど、それぞれの地域特性を生かしてグローバルで考えているのが、SOSVの強みだ。

オサリバン:10~12年前は、米国でハードウエアスタートアップを立ち上げて成功するまで、70ミリオンドル(約70億円)はかかると言われていた。だが、HAXのプログラムを活用すれば、10分の1の資金でも可能になっている。

Q ハードウエアスタートアップの場合、量産化で壁にぶつかる場合も少なくない。製造面などの支援も行っているのか。

エバースヴァイラー:プロトタイプにはさまざまな段階があるから一概には言えないが、市場性が重要だと考えている。プロトタイプを開発しながら、いかに市場をつくっていくのか、また市場を広げていくのか、助言をしている。さらに、我々自身、サプライチェーンやエンジニアとのつながりがあり、中国などアジア各国の数百の工場と連係している。製造面のサポートも可能だ。深センのエコシステムをフルに使いながら、モノづくりの工程を“再デザイン”することで、ハードウエア開発におけるリスクを大幅に下げられる。

Q 起業家同士をつなぎ、共創を促す仕組みはあるのか?

エバースヴァイラー:起業家同士をつなぐことは、HAX立ち上げ当時から重視しているポイントだ。さらに、HAXの卒業生(アルムナイ)が自由にオフィスを利用できるようにしており、現参加者と積極的に交わっているのも特徴。既に何世代にもわたって卒業起業家がいるので成功事例を共有でき、メンターとして機能している。ハードウエアスタートアップは、HAX卒業後も開発や製造の拠点を深センなど中国に置き続ける場合が多く、交流が盛んだ。

「どのVCよりも汗を流し、手を動かしてきた」

Q 人材面や拠点づくりなど、支援にかなり手がかかっているように見えるが。

オサリバン:VCの多くが経営や開発に積極的に関わる「ハンズオン」でサポートをしているというが、私たちほど手や足を実際に動かして、汗を流しているところはないという自信がある。SOSVのジェネラルパートナー(GP)は皆、起業の経験がある。泥臭いことも経験してきている。だからこそ、一緒に戦える。

Q グローバルで注目している業界は?

エバースヴァイラー:コンシューマー向けはもちろん、BtoB業界には大きな可能性があると考えている。製造業などにあるデジタル化に向けた大きな需要を満たすことがHAXの目的の1つだ。例えば、企業の持つデータを活用し、大規模な工場をリアルタイムで見るといった仕組みは、スタートアップの持つ技術で実現できることだ。さらに、ロボティクス技術と組み合わせることで、分析や検査といったさまざまな項目を自動化できる。

オサリバン:ビルの窓掃除など、街中で見るありふれたものにもイノベーションの可能性はある。現状、人間が拭いているが、自動化は可能。その他、レンガを積んだり、塗装をしたりと、自動化の波は今後広がるはずだ。デジタル化、自動化でどの業界にも破壊的な変革が起きる。

 メディカルデバイスにも注目している。センシング技術が急速に進化しており、血液や体内の菌から健康状況を明らかにできるなど、新技術も生まれている。今まで医療用の検査機器はあった。また、インターネットもあった。だが、それがつながっていなかった。さまざまなセンシング機器をつなぎ、AIをかませていくことで、大きく変わる可能性がある。

 さらに、高齢化社会におけるロボティクスの進化にも期待したい。モノを運んでくれるロボットや、調理をしてくれるロボットなど、社会課題を解決するイノベーションが日本から生まれる可能性がある。

左からSOSVジェネラル・パートナーのCyril Ebersweiler氏、HAX Tokyoゼネラルマネージャーの渡邊みき氏、SOSV創業者のSean O’Sullivan氏
左からSOSVジェネラル・パートナーのCyril Ebersweiler氏、HAX Tokyoゼネラルマネージャーの渡邊みき氏、SOSV創業者のSean O’Sullivan氏

(写真/高山 透、写真提供/住友商事)

この記事をいいね!する