ロート製薬が開発した女性用ボディーソープ「デオコ」は、女性の若い頃の香りを“補う”という、従来の加齢臭対策とは全く異なる驚きのアプローチで人気上昇中。意外にも男性に受けて売り上げを伸ばし、発売から1年たった今でも小売店では品薄状態が続いている。Twitterでは“デオコおじさん”まで登場。ヒットの理由を探った。

ロート製薬が発売する大人の女性に特化した匂いケアブランド「デオコ」。左から、ボディーソープ「デオコ薬用ボディクレンズ」、制汗剤「デオコ薬用デオドラントシリーズ」ロールオンタイプ、同スティックタイプ
ロート製薬が発売する大人の女性に特化した匂いケアブランド「デオコ」。左から、ボディーソープ「デオコ薬用ボディクレンズ」、制汗剤「デオコ薬用デオドラントシリーズ」ロールオンタイプ、同スティックタイプ

 デオコは、大人の女性に特化した匂いケアブランド。ターゲットは40代前後の女性で、年齢を重ねるごとに気になる「加齢臭」対策製品として、2018年3月にボディーソープ「デオコ薬用ボディクレンズ」(実勢価格税別1000円)でスタート。19年2月には制汗剤「デオコ薬用デオドラントシリーズ」(スティックタイプ、ロールオンタイプともに同税別900円)を発売して拡充し、売り上げは伸長を続ける。19年4~6月の3カ月で、目標売上額の1.7倍を記録する好調ぶりだ。

JKの香りの正体は?

 ロート製薬は加齢臭対策製品として、女性向けに先駆けて13年に男性向けの匂いケアブランド「デ・オウ」を発売している。加齢臭対策製品の女性ニーズは男性より少ないと業界では思われていたが、同社のヒアリング調査で、実はデ・オウなど男性用匂いケア製品を使っている女性も少なくないことが判明。16年秋に、女性向けの製品開発が始まった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>