佐渡島氏は、マイクロメディア化が進む中でさまざまな表現方法にチャレンジ。Activ8の収録スタジオにて

「まるでドラクエの”転職”」 コルク佐渡島氏が語るVTuberの先

2019年07月30日
  • 佐渡島庸平氏。コルク代表。2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当。12年に退社し、作家のエージェント会社・コルクを設立
  • 『ドラゴン桜2』は、落ちこぼれ高校生が東京大学合格を目指す受験漫画『ドラゴン桜』の続編。2020年の教育改革を見据え、新時代の勉強法を提示する。漫画雑誌『モーニング』(講談社)にて連載。YouTube上で「ドラゴン桜チャンネル」を運営中
  • ビズリーチと組んで、桜木のプロデューサーを副業・兼業限定で募集している。募集期限は7月29日から8月25日まで
  • 佐渡島氏は、マイクロメディア化が進む中でさまざまな表現方法にチャレンジ。Activ8の収録スタジオにて