基本的に土日に組まれてきたJリーグの試合をあえて金曜日に開催。熱心なファンが中心になる土日とは異なる客層を開拓し、サッカー来場者を増やす――。そんな狙いを持つJリーグの集客策「フライデーナイトJリーグ」(金J)が効果を上げていることが、データにより明らかになった。

既存層とは異なる客層を開拓することを狙って2018年から始めた「フライデーナイトJリーグ」施策。英パフォームグループが運営する動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」とJリーグが共同実施している
既存層とは異なる客層を開拓することを狙って2018年から始めた「フライデーナイトJリーグ」施策。英パフォームグループが運営する動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」とJリーグが共同実施している

 金Jがスタートしたのは2018年。合計11試合を金曜に開催した。今年も既に7試合が終了。残るは、サガン鳥栖所属で今年引退するフェルナンド・トーレス選手の「引退試合」を含む6試合。昨年より2試合多い開催数となる予定だ。

 特筆すべきは、終了した7試合のうち5試合の平均入場者数が、土日を含む全体平均を上回ったこと。中でもセレッソ大阪は金Jで今季最高の入場者数を記録。湘南ベルマーレとサンフレッチェ広島も今季2番目の入場者数となっている。

今年前半の金J開催日と入場者数。7試合のうち5試合の平均入場者数が土日を含む全体平均を上回った(出所:Jリーグ、以下同)
今年前半の金J開催日と入場者数。7試合のうち5試合の平均入場者数が土日を含む全体平均を上回った(出所:Jリーグ、以下同)

 「金Jの入場者数は土日にも見劣りしない」。金J施策などを統括するJリーグ専務理事の木村正明氏は胸を張る。

2万人の壁をいかに越えるか

 さらに金J施策で来場した人たちについてデータ分析したところ、7試合全てで新規層が10%以上となり、うち3試合は新規層が25%以上となっていたことが分かった。金J施策がその狙い通り、サッカー観戦経験がない新規来場者を増やすことにつながっていたのだ。

「J1」の平均入場者数の推移。サッカーブームに沸いた1994年シーズンの1万9598人をピークに、今に至るも「2万人の壁」を超えられずにいる
「J1」の平均入場者数の推移。サッカーブームに沸いた1994年シーズンの1万9598人をピークに、今に至るも「2万人の壁」を超えられずにいる
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>