東京・銀座に2021 年、日本最高峰のラグジュアリーホテルが誕生する。米マリオットグループの最高級ブランド「EDITION(エディション)」だ。誘致したのは、森トラスト(東京・港)。ホテルの開業が続く銀座で、東京五輪後のタイミングで勝負する狙いを探った。

森トラストが2021年に開業する東京エディション銀座。銀座2丁目交差点からすぐの立地を射止めた
森トラストが2021年に開業する東京エディション銀座。銀座2丁目交差点からすぐの立地を射止めた

 ルイ・ヴィトン、ブルガリ、カルティエ、シャネル。高級ブランドが4つ角をそれぞれ抑え、4つ葉のクローバーのように向かい合う東京・銀座の2丁目交差点。

 この大通りから一歩入った地で19年7月11日、「エディション」が着工した。米マリオット・インターナショナルの30あるホテルブランドの中でも、最高級グレードに位置する。地上14階、地下1階。レストランやロビーバー、フィットネス施設を完備し、屋上にはルーフトップバーを備える、豪華なしつらえとなる予定だ。

屋上には、銀座のにぎわいを一望できるルーフトップバーを設ける。東京タワーも視界にとらえ、東京のダイナミズムを体感できる
屋上には、銀座のにぎわいを一望できるルーフトップバーを設ける。東京タワーも視界にとらえ、東京のダイナミズムを体感できる

 エディションは、「ブティックホテルの生みの親」として知られるイアン・シュレーガー(Ian Schrager)氏とマリオットが手を組み、13年、英ロンドンに誕生した。独創的な空間とサービス力で、世界の富裕層の心をつかみ、米ニューヨーク(マディソンパークとタイムズスクエア)、マイアミビーチ、スペインのバルセロナ、中国の上海、中東のアブダビなど、世界展開を加速している。

 このエディションを日本に初めて持ち込むのが、森トラストだ。20年に東京・虎ノ門、21年には銀座と立て続けにオープンする。虎ノ門も銀座も、建築家の隈研吾氏を起用。エディションの格式にふさわしい、ジャパンブランドのラグジュアリーホテルをつくり上げていくという。

ホテルラッシュに挑む勝算

 先陣を切る「東京エディション虎ノ門」は、東京メトロ神谷町駅の近くで建設中の超高層ビル「東京ワールドゲート」の31〜36階に入る。スイートルームを含む約200室を備え、東京五輪開幕を前にした20年春から夏にオープンする。

森トラストが開発を進める「東京ワールドゲート」。アメリカン・エキスプレス、伊藤忠商事、エイチ・アイ・エスの入居が決まり、20年3月の竣工を待たずにオフィステナントがほぼ埋まった。周辺には、約5000平方メートルの緑地空間を整備する
森トラストが開発を進める「東京ワールドゲート」。アメリカン・エキスプレス、伊藤忠商事、エイチ・アイ・エスの入居が決まり、20年3月の竣工を待たずにオフィステナントがほぼ埋まった。周辺には、約5000平方メートルの緑地空間を整備する

 これに対して「東京エディション銀座」は、東京五輪後の21年春から夏のオープンを目指す。五輪イヤーの熱気は収束に向かうが、伊達美和子社長は、それでも着工に打って出た。「銀座がさらに成熟し、飛躍する起爆剤となりたい」。起工式では、晴れやかな表情を浮かべながら、並々ならぬ決意を口にした。

起工式に臨んだ、左から建築家の隈研吾氏、森トラストの伊達美和子社長、統括総支配人のクリスティアーノ・リナルディ氏
起工式に臨んだ、左から建築家の隈研吾氏、森トラストの伊達美和子社長、統括総支配人のクリスティアーノ・リナルディ氏