“時空”を超え、過去の音楽ライブやイベントに参加できる──。VR(仮想現実)の特性を生かした世界初のアーカイブ機能を、クラスター(東京・品川)が開発した。元引きこもりという異色の経歴を持つ加藤直人CEO(最高経営責任者)は、壮大なビジョンでバーチャル経済圏を広げようとしている。

クラスターは、過去のバーチャルイベントに参加できるアーカイブ機能を実装した。1度限りの熱狂や興奮を、何度でも追体験できる
クラスターは、過去のバーチャルイベントに参加できるアーカイブ機能を実装した。1度限りの熱狂や興奮を、何度でも追体験できる

 「全人類が引きこもりながら使えるバーチャル経済圏のインフラになる」。こんな奇抜な目標を掲げるスタートアップが、東京・五反田にある。京都大学を卒業後、引きこもり生活を経て起業した加藤直人氏率いる、技術者集団クラスターだ。サービス名は「cluster」。バーチャル空間上で誰もが音楽ライブやイベントを開催できる国内最大のプラットフォームに成長した。

 オフィス、レクチャーホール、和室、水上コテージ、教室、運動場、クイズ会場、ライブハウス、南の島──。会場を選択し、公開日時などを設定するだけで、あっという間にバーチャルルームが生まれる。そこにアバターをまとったゲストが訪れ、現実世界のように交流できるシステムだ。

 “定員”は最大5000人。Oculus Rift、HTC VIVEといったVRデバイスに加え、パソコンのブラウザーを介して同時接続できる。少人数の会議から、大規模な音楽ライブまで、日夜さまざまな催しが、このプラットフォーム上で開かれている。

clusterにはアバターをアップロードする機能があり、誰でも自分以外の「顔」を持てる。写真は、バーチャル広報部長「くらすたーちゃん」とゆるく触れ合うイベント「ゆるくら会」のワンシーン
clusterにはアバターをアップロードする機能があり、誰でも自分以外の「顔」を持てる。写真は、バーチャル広報部長「くらすたーちゃん」とゆるく触れ合うイベント「ゆるくら会」のワンシーン

空間を丸ごと保存するタイムマシン

 2019年6月5日に加わったアーカイブ機能は、言わば、バーチャルの“時空”を自在に操るタイムマシン。過去を旅するように、ライブ当日の会場に“潜入”し、360度ぐるりと動き回ることができる。動画再生のようにシークして、好きな時間に飛べるのはもちろん、一時停止してお気に入りの瞬間を何度でも見返し、好きなアングルで撮影できる。当時客席にいたファンならば、声援を送る過去の自分と“遭遇”できる。

 いったい、どれほど画期的なことなのか。加藤氏は「音楽ライブやイベントを映像として保存することはできても、空間として保存するのは、絶対に不可能だった」と表現する。画面の外から映像を眺めるしかなかった音楽ソフトの限界を打ち破り、熱狂や興奮を空間ごと保存し、いつでも空間の中に入り込めるようにした。

 現状、追体験できるのは、クラスターが主催した過去の音楽ライブのみだが、ユーザーがつくり上げたバーチャル空間をアーカイブする機能も「近いうちにさっと出す」(加藤氏)。バーチャルの可能性を大きく広げるだけでなく、マネタイズの切り札にもなり得る。

クラスターの加藤直人CEO。かつて引きこもり生活を送っていた経験から「全人類が引きこもりながら使えるバーチャル経済圏のインフラ」を目指している(写真/古立康三)
クラスターの加藤直人CEO。かつて引きこもり生活を送っていた経験から「全人類が引きこもりながら使えるバーチャル経済圏のインフラ」を目指している(写真/古立康三)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>