店舗の従業員勤務スケジュールを自動生成するソリーションの開発には、店舗に関するすべてのデータを分析対象にし、トラフィック予測やタイプ別取引の予測、1時間ごとの最適従業員数予測を割り出した(提供:モバイル・テレシステムズ)

ビッグデータで「批判者」予備軍特定 成果上げたモバイル企業

2019年06月18日
  • モバイル・テレシステムズでヘッド・オブ・ビッグデータ・コマーシャルプロダクツを務めるアレクセイ・マーモントフ氏
  • データレイクに保存されているデータ量の推移。2019年5月時点では1.8ペタバイトだが、1年後には13ペタバイトになると予想している(提供/モバイル・テレシステムズ)
  • NPS予測モデル構築に利用したデータは、過去1年間に実施した230万件のNPSスコア履歴と、該当顧客が利用したサービスでの詳細な行動記録だ(提供/モバイル・テレシステムズ)
  • 店舗の従業員勤務スケジュールを自動生成するソリーションの開発には、店舗に関するすべてのデータを分析対象にし、トラフィック予測やタイプ別取引の予測、1時間ごとの最適従業員数予測を割り出した(提供:モバイル・テレシステムズ)