HiOLI(東京・目黒)は、2019年4月、アイスクリームの“サブスクリプションサービス”「Pint Club」を開始した。同社はECを主な販路と位置付けながら、東京・自由が丘に店舗を構える。リアルな体験を通じたマーケティング施策を展開し、クチコミで集客。月額2700円と高額ながら、想定の1.5倍の申し込みが寄せられているという。

HiOLI(東京・目黒)は、店舗をショールームと位置付け、アイスクリームのサブスクリプションサービス「Pint Club(パイントクラブ)」の申し込みにつなげる
HiOLI(東京・目黒)は、店舗をショールームと位置付け、アイスクリームのサブスクリプションサービス「Pint Club(パイントクラブ)」の申し込みにつなげる

 Pint Club(パイント クラブ)は、HiOLIが展開するアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM(ヒオ アイスクリーム)」を月額制で楽しめるサービス。ネットから申し込むと、毎月、パイントカップ(473ミリリットル)に入った2種類のアイスクリームが自宅に届く。

 現在ラインアップされているサブスクリプション商品は2つ。定番のミルク味と毎月異なる季節のフレーバーをセットにした商品と、お任せフレーバーと季節のフレーバーのセット商品だ。価格はそれぞれ、送料込みで2700円となる。ハーゲンダッツのパイントサイズがメーカー希望価格850円であることを鑑みれば、送料込みでも少々割高という印象を受ける。

パイントカップ(上)と、ギフトやトライアル用のミニカップ(下)
パイントカップ(上)と、ギフトやトライアル用のミニカップ(下)

 それでも滑り出しは好調だ。サービスが始まって1カ月が経過した時点で、サブスクの新規入会数は「想定の1.5倍」と代表取締役兼CEO(最高経営責任者)の西尾修平氏は明かす。HiOLIはまだネット広告を活用した集客策などを実施していない。それでも申込者が順調な理由は、リアル店舗を通じて提供する高い体験価値にある。

サービス開始と同時に店舗開設の理由

 HiOLIは、サブスクアイスを展開するECサイトを“本店”と位置付けながらも19年4月のサービス開始と同時に東京・自由が丘に店舗「Atelier(アトリエ)」をオープンした。ECを本店としたのは、都内に足を運ぶのは難しいが、おいしいアイスを自宅で楽しみたいという全国の消費者に届けられる利便性と、物理的・時間的な制約を伴わないECなら、毎月異なる素材や味、産地に対するこだわりをリアルタイムに、そして惜しみなく紹介できる点にある。

外から店内や厨房が見えるガラス張りの工房。アイスは一つ一つ手作りして販売している
外から店内や厨房が見えるガラス張りの工房。アイスは一つ一つ手作りして販売している

 一方、製造工房も兼ねるAtelierは、本店へと誘導する体験の場、いわばショールームという位置付けだ。HiOLIは従来の大量生産・大量消費のモノづくりとは逆を行き、素材本来の良さを生かすために、各作業工程に最適化した機械やテクノロジーを活用する。例えば、空気を含ませながら高速で素材をかき回し、短時間で冷却するイタリア製のアイスクリームマシンを採用している。口の中でとろける、滑らかな食感に仕上がるのが特徴だ。

 それを顧客に見える形で、小ロットで製造する。そうした強いこだわりを持つ商品ゆえに販売価格は上がる。イートインで、アイスを楽しめるリアル店舗で体験してもらうことで、価格に納得してもらう。それがPint Clubへの加入につながると考えている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>