Jリーグが2017年7月に会員サービス「JリーグID」を導入してから2年。登録数は130万を超えた。顧客の利便性を上げただけでなく、Jリーグおよび各クラブのマーケティング施策にも効果が表れ始めている。

名古屋グランパスなどのクラブチームは、JリーグIDを活用してサポーターを獲得している (C)J.LEAGUE
名古屋グランパスなどのクラブチームは、JリーグIDを活用してサポーターを獲得している (C)J.LEAGUE

 JリーグIDは、チケット販売サイト「Jリーグチケット」の会員サービスをリニューアル、拡張したものだ。試合チケットの購入に加え、グッズの購入、Jリーグ公式アプリ「Club J.LEAGUE」の利用、スタジアムで使えるWi-Fi接続など、Jリーグや各クラブが提供するサービスのアカウントを統合。1つのIDですべてのサービスを利用できるようにした。

 バラバラに管理しなければならなかったアカウントが1つにまとまったことで、利用者の利便性は大きく向上した。導入から2年で会員数は順調に増加し、当初、約38万だったアカウント数は約130万に増えているという。

 同時に、Jリーグと各クラブは、JリーグIDで得たデータを分析し、さまざまなマーケティング施策に生かせるようになった。現在は、新規ファンの獲得や、個々のファンのスタジアム来場回数の増加、ダイナミックプライシングなどによるチケット収益の拡大などに取り組んでいる。

新規ファンにはJリーグ、常連にはクラブが施策

 JリーグIDでは、アカウント取得時に、メールアドレスや生年月日、住んでいる都道府県、性別といった属性情報のほか、任意で好きなクラブを登録する。以降はチケットやグッズの購入、公式アプリの利用、キャンペーンへの参加、スタジアムへの入場といった各種履歴情報をIDごとに収集・管理する。

 興味深いのはその活用方法だ。集めた情報から、年間のスタジアム来場回数別に会員を6層に分類。年0~2回までの潜在ファン層に対してはJリーグが、3回以上の常連ファン層に対しては各チームが重点的にマーケティング施策を行っている。