成田国際空港が、増え続ける訪日観光客の満足度向上と、その動向のリサーチのために、英語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)の3言語に対応した訪日観光客向けチャットボットを活用し、成果を上げている。2018年下期の利用時間は、同年上期に比べ300%増と急伸した。

成田国際空港のWebサイト
成田国際空港のWebサイト

 成田国際空港は2013年から、成田空港で使えるスマートフォン向けアプリ「コンシェルジュアプリ」を運用し、アプリ経由で訪日観光客の質問に答えていた。ところが、空港を利用する訪日観光客が急増した結果、そのニーズが多様化し、「質問を想定し、答えるための情報を担当者があらかじめ人力で用意するという運用体制は、限界に達していた」(成田国際空港 経営企画部門IT推進部 情報企画グループの村上智彦主席)。

ビーボットが立ち上がったときに最初に示される画面の例
ビーボットが立ち上がったときに最初に示される画面の例

 そこで考えたのが、「訪日観光客からの質問に対して、空港側が用意した内容にとどまらず、AI(人工知能)を使ってある程度答えられ、かつ次の質問を自然に促すようなチャットボットを活用すること」(成田国際空港 経営企画部門IT推進部 情報企画グループの阿部英崇マネージャー)だった。

 そうして2017年11月に導入を決めたのが、ITベンチャーのビースポーク(東京・渋谷)が提供する、観光分野に特化したチャットボット「Bebot(ビーボット)」である。コンシェルジュアプリの運用を停止し、英語、繁体字、簡体字の3言語に対応したビーボットに切り替えた。

約2000万人とのチャットデータを分析

 ビースポークは、同社のシステムを導入した国内の外資系ホテルや自治体などを舞台に約2000万人の訪日外国人とチャットしたデータに基づき、AIの役目を果たす自然言語処理エンジンを自社開発してビーボットに搭載。「どんなフレーズで答えれば、訪日観光客が満足するか、次の質問を促せるかを、データに基づいてAIが学習していく」(ビースポーク執行役員兼日本地区統括本部長の長野資正氏)という仕組みを構築した。

 併せて、米Google(グーグル)や米Yelp(イェルプ)のシステムとAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェース)で接続し、訪日観光客からの質問に対し、ビーボットがグーグルやイェルプの情報を利用して回答できるようにした。

 Yelpは世界最大のローカルビジネスの口コミサイトで、レストランや病院、町のクリーニング店や税理士事務所など、地域で商売を展開しているさまざまな店についての情報が掲載されている。

 例えば、訪日観光客がビーボットを使って、成田国際空港周辺や、日光、浅草などこれから訪問しようとしている場所について、宿泊施設やレストラン、病院などの情報を求めたとしよう。ビーボットは、導入企業である成田国際空港が提供する各種情報に加え、GoogleからはGoogle Mapの情報を、Yelpからは宿泊施設やレストランなどの口コミ情報を、それぞれAPI経由で引き出して、チャット上で回答できるわけだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>