大掛かりな再開発でありながら、収益化を狙わないという異色のプロジェクトが、JR立川駅(東京都立川市)の近くで着々と進んでいる。緑と水辺を大胆に配したランドスケープデザインと、個性的なエンタメホール、ホテル、商業施設の数々。「100年先の立川」に向け、地元の不動産会社が大勝負に出た。

東京・立川駅の北側に2020年4月、「GREEN SPRINGS」という名の新街区がオープンする
東京・立川駅の北側に2020年4月、「GREEN SPRINGS」という名の新街区がオープンする

 伊勢丹や高島屋、ルミネ、IKEAなど、大型商業施設が集積し、家電量販店が立ち並ぶ。東京・多摩地区の一大ターミナル、JR立川駅の北側で、大規模な再開発が動き出した。

 約3万9000平方メートルに及ぶ広大な敷地は2020年4月、新街区「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」として、街開きする。一大事業を担うのは、立飛ホールディングス。立川市のほぼ中央に約98万平方メートル、東京ドーム21個分に相当する土地を持つ、地場の不動産会社だ。

 15年12月には三井不動産と共同で大型商業施設「ららぽーと立川立飛」を開業。人工砂浜を備え、年中南国気分が味わえる「タチヒビーチ」や、男子プロバスケットボール・Bリーグの強豪、アルバルク東京が本拠地とする「アリーナ立川立飛」など、立川市内で数多くのプロジェクトに携わってきた。目下、市の面積の25分の1を管理する、名実共に“立川の大家”だが、そもそもの前身は、軍用機メーカーだった。

 1924年11月、石川島飛行機製作所として創業し、東京・月島に工場を構えた。30年に工場を立川に移転し、36年に立川飛行機と改名した。

 「赤とんぼ」の愛称で知られる九五式一型練習機など、約50機種1万機弱もの飛行機を製造した一大航空機メーカーだったが、終戦後、立川の製造工場はGHQ(連合国軍総司令部)に接収。76年に全面返還を受けたのを機に、同工場を中心に保有する土地や建物を生かして、不動産業界に転じた経緯がある。

 新街区「GREEN SPRINGS」は、JR立川駅北口から徒歩8分の「みどり地区」に広がる。西側は昭和記念公園に隣接し、東側は多摩都市モノレールと並走する目抜き通り「サンサンロード」に面する“立川最後の一等地”と評された元国有地だ。

新街区は、昭和記念公園とサンサンロードの間にある約3万9000平方メートルの敷地にある
新街区は、昭和記念公園とサンサンロードの間にある約3万9000平方メートルの敷地にある

 立川駅は、JR中央線の中央特快に乗れば、新宿駅から30分とかからない。東京都心からさほど遠くない駅近に、都市と自然、双方の醍醐味が味わえる広大な敷地が広がっている。立飛ホールディングスは、ここに最大のポテンシャルがあると見て、15年2月に落札。同年7月に開発を担う子会社、立飛ストラテジーラボを設立し、18年2月、着工にこぎ着けた。

 計画では、街区の中央に1万平方メートルの緑の広場を設け、その周りに9棟の建物を新設する。多摩地区最大のエンタメホール「TACHIKAWA STAGE GARDEN」や、デザイン性の高いホテル「SORANO HOTEL」、ショップやレストラン、オフィスが集まり、多摩信用金庫が本店・本部をここに移転する予定だ。20年4月、エンタメホールのこけら落とし公演を皮切りに、順次開業していく。

 「地元で不動産業を営んでいる私たちにとって、非常に責任のある案件。グループ全社を挙げ、立川市のにぎわいとやすらぎに向かって、しっかりと責任を果たしていきたい」。立飛ホールディングスの村山正道社長は、そう使命感を口にする。