メーカーの新たな顧客接点として、ECを活用したサブスクリプションサービスに注目が集まっている。2019年3月に参入したのがUCC上島珈琲だ。月額980円で顧客の味覚に合わせたコーヒー豆を届ける「My COFFEE お届け便」を開始。店舗とも連携を図りながら、顧客拡大と継続率向上を狙う。

UCC上島珈琲は2019年3月に自分好みのコーヒーが毎月届く、サブスクリプションサービスに参入した
UCC上島珈琲は2019年3月に自分好みのコーヒーが毎月届く、サブスクリプションサービスに参入した

 UCC上島珈琲のサブスクリプションサービスは、利用者の味覚の好みに合うコーヒーを毎月届ける、パーソナライズコーヒーとも言えるサービスだ。利用者にはまず、4種類のコーヒーをセットにした「テイスティングキット」が送られる。

 4種類のコーヒーは、苦みや酸味などの強さがそれぞれ異なる。これらを飲み比べて評価する。各コーヒーのパッケージに印刷されているQRコードをスマートフォンのカメラ機能で読み取ると、管理画面が表示される。会員登録後に飲んだコーヒーの味を好みか否かの2択で選ぶ。

テイスティングキットのコーヒーの味を評価することで、自分の好みを登録する
テイスティングキットのコーヒーの味を評価することで、自分の好みを登録する

 コーヒーを評価することで、横軸が「酸味」「苦み」、縦軸は「ライト」「ストロング」の4象限のどこに位置する味を好むのかが一目で分かる「COFFEEマップ」が作られる。味覚を可視化することで、「楽しみながら、自分にあったコーヒーを探せるサービス」(マーケティング本部デジタル推進部の染谷清史部長)の開発を目指した。UCC上島珈琲はデータを蓄積することで、顧客の味覚を分析してパーソナライゼーションに生かす。


センサーでコーヒーの味を6項目に数値化

 COFFEEマップは、UCC上島珈琲の研究機関UCCイノベーションセンターが持つ、味覚の分析システム「UCCフードマッチングシステム」を活用して開発した。このシステムは、独自開発した味覚センサーを使い、コーヒーの味を「苦味」「渋味」「塩味」「苦味の後味」「旨味」「酸味」の6項目で数値化する仕組み。この技術を活用し、Webサイト上で4象限にコーヒーの味をマッピングすることで、利用者に分かりやすく表現した。

テイスティングキットのコーヒーを評価することで、自分の好みが一目で分かる「COFFEEマップ」が作られる
テイスティングキットのコーヒーを評価することで、自分の好みが一目で分かる「COFFEEマップ」が作られる

 4つの象限に入るコーヒーのうち、最も基本となる味を持つコーヒー4種類をテイスティングキットとして選択。その評価に合わせて、16種類のコーヒーの中から、顧客の好みに近いコーヒーを届ける。例えば、ライトで苦みの強いコーヒーを好む人には、さらに苦みの強いコーヒーを届けるといった具合だ。

 利用者は新たに届いたコーヒーを同様の仕組みで評価することで、COFFEEマップが充実していき、自分の好みがより明確になる。UCC上島珈琲は味覚の視覚化という楽しみを提供しながら、より詳しく顧客の好みを把握できるというわけだ。このサイクルによって、パーソナライゼーションの精度を高めて、より適したコーヒーの提供を目指す。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>